「上昇圧力」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月25日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

非正規賃金の上昇圧力 ~20歳代の人口減少がじわじわ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか ここから本文です米国経済見通し 賃金上昇は偏っているのか原油価格の変動で実態が把握しにくいがインフレ圧力は限定的サマリー◆新たな連邦議会が始まった。オバマ大統領による一般教書演説と予算教書発表を経て、財政論議が本格化することになる。最初の課題となるのは、2015年度の暫定予算のうち、国土安全保障省関連の予算が2月末で切れることである。◆金融政策については、2014年の12月のFOMC(連邦公開市場委員会)で声明文を変更し

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか?

米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? | ニッセイ基礎研究所 米国経済の見通し-果たして、賃金は上昇するのか? 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済は1-3月期に寒波の悪影響でマイナス成長となったが、4-6月期には力強い反発を見せた。家計、企業ともにセンチメント指標が非常に高い水準に達しており、今後も3%前後

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル海外

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目

【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 | ニッセイ基礎研究所 【8月米雇用統計】14.2万人だが悲観は不要、むしろ賃金上昇に注目 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 【要旨】結果の概要:20万人を大きく割り込む9月5日、米国労働省(BLS)は8月の雇用統計を公表した。8月の非農業部門雇用者数は前月対

2014年6月10日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数

トップレポート・コラム経済分析米国景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数 ここから本文です景気後退前の水準に戻った米国の雇用者数2014年5月の米雇用統計:しかし賃金上昇圧力は限定的サマリー◆2014年5月の非農業部門雇用者数は前月差21.7万人増と、前月(同28.2万人増)から増加幅が縮小したが、4ヵ月連続で20万人台の増加となった。悪天候の下押しやその反動増を経て、なおも雇用の量的改善が続いていることが示された。◆失業率は6.3%と前月から横ばいで、失業者数は僅かに増加したが、平均失業期間の

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも

【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも | ニッセイ基礎研究所 【3月米住宅価格】住宅価格の上昇圧力が再び強まる兆しも 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月27日にS&Pが発表した3月のケース・シラー住宅価格指数(20都市総合、以下ケース・シラー指数)は、季節調整済の前月比で+1.2%、原系列の前年同月比で+

2014年3月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

当面据え置きを示唆したECB~懸念される短期金利への上昇圧力とユーロ高~

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号

ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円の低空飛行はやむなし~マーケット・カルテ3月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1月下旬以降、市場の地合いは大きくリスクオフモードに傾いている。中国の理財商品のデフォルト懸念も含めた新興国不安、米経済指標の下振れ、日銀追加緩和期待の後退な

2013年12月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2013年人民元相場、回顧と展望

トップレポート・コラムコラム2013年人民元相場、回顧と展望 ここから本文です2013年人民元相場、回顧と展望‘5元時代’の到来?2013年に入ってからの人民元相場は、第1四半期まで、前年後半の急激な上昇の後を受け(2012年12月7日コラム「人民元相場急騰は続くのか?」)、上下変動を伴いつつも、上海市場スポットレート(CNY)で対米ドル6.21-6.24元程度の水準で安定的に推移したが、第2四半期以降年末にかけ、5-7月頃を除き一貫して急上昇を続け、いよいよ‘破6’、1米ドル6元を割り込み、‘

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ