「不安感」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年10月19日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的

コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的 コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的~75%がコロナ禍以前の生活には戻らないと考えている~ 概要野村総合研究所(NRI)では、コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動を把握するため、2021年7月に全国18,800人を対象とした大規模インターネット調査を実施した。 ワクチンの接種状況と新型コロナウイルスに対する不安感について分析すると、両者の間には強い相関がある。新型コロナウイルスに対する不安がない人(9%)ほどワクチン接

2021年7月1日ナナメウエフィードバック数:0ライフスタイル

【Z世代、500名以上に調査】長引くコロナ禍において約69%に「孤独感」や「不安感」に変化

【Z世代、500名以上に調査】長引くコロナ禍において約69%に「孤独感」や「不安感」に変化 ~寂しさを解消するため、インターネットを活用したコミュニケーションの人気高まる~ 株式会社ナナメウエ(本社:東京都港区、代表:石濵 嵩博)は全国の18歳〜22歳の男女525名を対象に「あなたに感するアンケート」を2021年5月に実施いたしました。 コロナ禍での新しい生活様式を求められるようになり1年以上が経過。2021年においては、長引く緊急事態宣言により多くの方々は2021年上半期の2/3を自宅で過ご

テレワークに関する不安感や孤独感について調査結果を公表 不安感・孤独感はテレワーカーが2~3割の職場で最も高い。まだらテレワークに注意

ホームニュース一覧パーソル総合研究所、テレワークに関する不安感や孤独感について調査結果を公表不安感・孤独感はテレワーカーが2~3割の職場で最も高い。まだらテレワークに注意 パーソル総合研究所、テレワークに関する不安感や孤独感について調査結果を公表 不安感・孤独感はテレワーカーが2~3割の職場で最も高い。まだらテレワークに注意テレワーカーの比率が高まると、出社している人の疑念・不満感も高まる。双方のマネジメントが重要  株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渋谷和久

2016年7月10日東京カレンダーフィードバック数:0ビジネス

もはや冗談レベルの混雑さ!絶対乗りたくない通勤電車混雑率ランキングトップ10

東京カレンダー日本の観光名所と化した、朝のプラットフォーム。地獄絵図である。はたして乗れるのかと長蛇の列で待つ不安感、乗れても車内で四方から圧迫される不快感、乗り換え時の全力疾走、壮絶な椅子取りゲーム、さながらサバイバル通勤ともいえる。そんな中でも、混雑度が最も激しい通勤区間ってどこな......2017.07.052021.11.172016.12.062016.08.202021.11.152017.03.082015.05.042016.03.012016.09.032015.04.132

2016年2月15日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

ストレージの利用状況(2015年)・前編

300人を対象に「ストレージの利用状況」を調査。前編では「重視するポイント」や「利用用途」などが明らかになった。 キーマンズネットでは、2015年11月11日〜11月25日にかけて、「ストレージの利用状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:300件)。回答者の構成比は、情報システム部門が45.7%、一般部門が54.3%だった。 今回はストレージの利用状況について聞いた調査結果を前後編の2回にわたりお届けする。前編では、オンラインストレージやクラウドストレージの「重視するポイント」や「利用

2015年8月31日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット上の安全・安心に関する世論調査

インターネット上の安全・安心に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.インターネットの安全・安心について(1) インターネットの利用頻度(2) インターネット利用に対する不安感(3) インターネットを利用した犯罪の増減2.インターネ

2014年11月6日MSD★フィードバック数:0ライフスタイル

不眠についての調査です。

不眠に関する意識と実態調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire MSD株式会社不眠に関する意識と実態調査を実施― 日本人の約4割に不眠症の疑いあり ― MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ)は、全国の20歳から79歳の男女7,827名を対象に、不眠に関する意識と実態を明らかにするための調査を実施しました。日本の成人3人のうち1人が、「寝つきが悪い」「睡眠中に何度も目が覚める」「朝早くに目が覚める」など何らかの不眠症状に悩んでいると言われています※。今回の調査でも、国際的な

2014年2月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費動向調査(2014年1月) ~消費税増税に対する不安感が垣間見える~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年6月12日パナソニックフィードバック数:8モバイル

ケータイユーザーのスマートフォンに関する意識・実態調査

プレスリリース2013年6月12日パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社 携帯電話ユーザー調査ケータイ(※)ユーザーのスマートフォンに関する意識・実態調査を実施〜スマホを使ってみたいケータイユーザーの約6割が買い替えを躊躇〜ためらう理由は「ケータイ操作との違い」と「スマホに対する不安感」首都圏在住の20代〜40代の男女各600名を対象に実施 パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(社長:星 敏典)は、スマートフォンに関する意識・実態の把握を目的に、首都圏在住の20代〜40

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

新着データ

お知らせ