「不平等」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

人事・教育担当者948人にアンケート テレワーク導入1~2ヵ月で見えた課題

人事・教育担当者948人にアンケート テレワーク導入1~2ヵ月で見えた課題/1位コミュニケーション不足、2位職種による不平等の発生|新着情報|人材育成・社員研修 累計13,000社260万人以上に人材育成サービスを提供する株式会社ラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション株式会社、本社 東京都千代田区、代表取締役社長 眞﨑大輔、以下「LA」)は、企業の人事・教育担当者948人を対象に、新型コロナウイルスの感染拡大が企業の組織運営や人材育成に与える影響について調査を行い、その結果をまとめ

2016年10月5日ダイヤモンド社フィードバック数:0社会/政治

日本では所得格差も貧困意識も拡大していない決定的データ

統計データ分析家。元立教大学大学院ビジネスデザイン研究科兼任講師。1951年生まれ。東京大学農学部農業経済学科卒業。同大学院単位取得済修了。(財)国民経済研究協会研究部長、常務理事を歴任。現在、アルファ社会科学(株)主席研究員。インターネット上で「社会実情データ図録」サイトを主宰。本連載では、統計データの動きを独自に整理、グラフ化することによって、意外な社会の動きやわが国の状況を追って行きたいと考えている。もっとも堅苦しいものではなく、趣味的な個人の嗜好も含めたざっくばらんなものとしたい。体系的

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味

巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味巻き起こる格差議論-ピケティ「21世紀の資本」の意味基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録

所得分配を考える(4) 『頭の片隅で覚えておきたいこと』

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2013年12月4日経済協力開発機構★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバルでの学習到達度調査です。

PISA2012調査

18 November 2021 新型コロナウイルス危機から強く持続可能で公正な回復を遂げるには、不平等に取り組み、機会均等を促進することが重要です。しかし、不平等が問題だということについては確実に総意が形成されている一方で、人々はその程度と対策についての意見はますます乖離しています。 9 November 2021 新型コロナウイルスの直接的、間接的影響により、予想された死亡数がOECD諸国全体で2020年から2021年前半に16%増加しました。OECDの新報告書によると、平均余命は比較可

2013年11月27日経済協力開発機構★フィードバック数:0大型消費/投資

OECDのレポートです。

図表でみる年金2013

18 November 2021 新型コロナウイルス危機から強く持続可能で公正な回復を遂げるには、不平等に取り組み、機会均等を促進することが重要です。しかし、不平等が問題だということについては確実に総意が形成されている一方で、人々はその程度と対策についての意見はますます乖離しています。 9 November 2021 新型コロナウイルスの直接的、間接的影響により、予想された死亡数がOECD諸国全体で2020年から2021年前半に16%増加しました。OECDの新報告書によると、平均余命は比較可

2013年6月26日経済協力開発機構★フィードバック数:14ライフスタイル

グローバル調査です。

図表でみる教育2013

18 November 2021 新型コロナウイルス危機から強く持続可能で公正な回復を遂げるには、不平等に取り組み、機会均等を促進することが重要です。しかし、不平等が問題だということについては確実に総意が形成されている一方で、人々はその程度と対策についての意見はますます乖離しています。 9 November 2021 新型コロナウイルスの直接的、間接的影響により、予想された死亡数がOECD諸国全体で2020年から2021年前半に16%増加しました。OECDの新報告書によると、平均余命は比較可

2011年4月14日経済協力開発機構フィードバック数:15社会/政治

図表でみる社会2011

18 November 2021 新型コロナウイルス危機から強く持続可能で公正な回復を遂げるには、不平等に取り組み、機会均等を促進することが重要です。しかし、不平等が問題だということについては確実に総意が形成されている一方で、人々はその程度と対策についての意見はますます乖離しています。 9 November 2021 新型コロナウイルスの直接的、間接的影響により、予想された死亡数がOECD諸国全体で2020年から2021年前半に16%増加しました。OECDの新報告書によると、平均余命は比較可

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ