「位置情報」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年5月27日ミック経済研究所フィードバック数:0ビジネス

位置情報ソリューション市場の現状と展望2021年度版

~新たなビジネスが生まれつつある~位置情報ソリューション市場の現状と展望2021年度版~新たなビジネスが生まれつつある~位置情報ソリューション市場の現状と展望2021年度版【発 刊】2021年4月1日 【資料体裁・価格】● 特別価格は2021年4月8日の17時で終了しています。 ※ リモートワーク対応でPDF版強化。経過措置としてコピー製本版現状のまま。また、複数ユーザー(U)利用価格を追加。注1)いずれの提供形態も購入法人様の社内用途向け利用に限ります。社内には子会社・関連会社を含みません。

2019年1月7日ブログウォッチャーフィードバック数:0ライフスタイル

2018年を位置情報データで振り返る 『築地市場移転の人流分析レポート』公開

ケーススタディ 2018.12.26 【TSUKIJI REPORT】築地市場移転で人流はどうなった!?人流レポート公開 位置情報データから築地から豊洲への市場移転についての人流分析を行いました。移転の前後比較や、豊洲移転後に社会問題になった道路渋滞についてもレポートしています。 <データの見所>✔︎築地市場から豊洲市場移転に伴う人流の変化について✔︎豊洲移転による晴海通りの混雑状況や変化について▼築地から豊洲への市場移転についての人流分析築地市場移転前 10月4日(木)-7日(日)

2017年8月23日マイナビフィードバック数:0大型消費/投資

新幹線・特急列車で移動、車内では何をして過ごす?

ライフトップライフスタイルヘルスケアマネー旅と乗りものレジャー鉄道エアライン車とバイク観光スポット香港シゴト新幹線や特急列車を利用した鉄道の旅は、自分で運転する必要がなく快適だが、移動時間が長いと逆に退屈してしまうことも。皆さんは電車内でどんなことをして過ごしているのだろうか。今回はマイナビニュース会員852名のうち、「鉄道旅行をしたことがある」と答えた515名に、移動中どんなことをして過ごしているのか聞いてみた。新幹線・特急列車での移動中は何をして過ごす? (写真はイメージ)鉄道旅行での移動手

2016年O2Oイベント実績!イベント参加人数は17万人!経済効果は15億円!

2017年2016年O2Oイベント実績!イベント参加人数は17万人!経済効果は15億円! 株式会社モバイルファクトリー(本社:東京都品川区、代表取締役:宮嶌裕二)が開発・運営する位置情報連動型ゲーム「駅奪取」「駅奪取PLUS」(以下「駅奪取シリーズ」)及び「ステーションメモリーズ!(略称:駅メモ!)」において、2016年に実施したO2Oイベントの実績をご報告します。イベント参加人数は17万人と前年よりも大幅に増加、また経済効果も15億円と参加人数に比例して前年よりも大きな効果を生み出すことができ

お城ファンが実際に訪れた日本のお城ランキングTOP100(2016年版)

[ユーエム・サクシード株式会社] ,GPS 位置情報 城 城郭 お城 100名城

2014年8月22日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

母親対象の調査です。

小学生の子供を持つ母親の携帯電話端末に関する利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 子供に携帯電話を持たせてよかったと思うこと「緊急時に連絡が取れる、位置情報がわかる」 子供に携帯電話を持たせてよかったと思うこと「緊急時に連絡が取れる、位置情報がわかる」 MMD研究所は、2014年8月6日~8月8日にかけて小学生の子供を持つ20歳~49歳の女性670人に「小学生の子供を持つ母親の携帯電話端末に関する利用実態調査」を実施致

2014年5月25日総務省★★フィードバック数:0モバイル

ユーザー調査です。

位置情報の利用に対する意識調査

報道資料「位置情報の利用に対する意識調査」の公表総務省情報通信政策研究所は、「位置情報の利用に対する意識調査」を実施し、その結果を取りまとめましたので公表します。1 目的電気通信事業者が取得可能な位置情報の活用の在り方の検討に資するため、携帯電話利用者が位置情報を提供し、多様な目的に利用される事に対する意識調査を行い、その結果を取りまとめました。 2 調査速報についてその他の調査研究結果については、以下の情報通信政策研究所のホームページをご覧下さい。URL 連絡先情報通信政策研究所 調査研究

市場データです。

スマートフォン向けO2Oサービスの将来予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマートフォン向けO2Oサービス(*)の将来予測 ◆ スマートフォン向けO2Oサービスの市場規模は、2020年に約2,360億円市場に成長。2012年(約260億円:推定)の9倍になると予測される。◆ 中でも、スポット情報は700億円を超える市場となる。付加価値情報サービスは500億円を超える市場に成長すると予測される。(*) O2Oサービス:Online to Offline または Offline to Online サービスによるマーケティン

2013年7月23日総務省フィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

コンジョイント方式によるプライバシー分析-携帯電話電子マネーの位置情報の認知の実証的検証を例に-

コンジョイント方式によるプライバシー分析-携帯電話電子マネーの位置情報の認知の実証的検証を例に-

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ