調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 団塊ジュニア世代

「団塊ジュニア世代」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年7月21日リスキーブランド★★フィードバック数:0ライフスタイル

生活者分析| この10年の社会的価値観の動向

「冷笑主義」に向かう日本人。(この10年の社会的価値観の変化) 生活者分析|2008年から2018年までの10年間の時系列データ(各年約4,000サンプル)を使った、日本の社会的価値観の動向についてレポートします。 ブランドコンサルティング会社の株式会社リスキーブランド(本社:東京都渋谷区、代表:田崎和照)は、同社が2008年から実施している生活意識調査MINDVOICE®調査(約4,000サンプル/年)を用いて行なった「この10年の社会的価値観の動向」について報告いたします。サマリー日本の社会

2018年5月3日トレンダーズ★フィードバック数:0マーケティング

2018年スマホトレンドに関するレポート

メディア関係者のためのトレンド情報ポータル -トレンド総研-~2018年・スマホトレンドレポート~「フォトジェニック」は、もう古い?スマホ撮影の新トレンド、キーワードは「ムービージェニック」 逆再生、スローモーション、タイムラプス…ミレニアル世代が注目する、スマホ動画の加工ワザとは?生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、ミレニアル世代の「スマートフォン撮影事情」をテーマに、レポートいたします。ミレニアル世代とは、1980年以降に生まれ、2000年以降に成人

2018年5月1日トレンダーズフィードバック数:0マーケティング

2018年スマホトレンドに関するレポート

メディア関係者のためのトレンド情報ポータル -トレンド総研-~2018年・スマホトレンドレポート~「フォトジェニック」は、もう古い?スマホ撮影の新トレンド、キーワードは「ムービージェニック」 逆再生、スローモーション、タイムラプス…ミレニアル世代が注目する、スマホ動画の加工ワザとは?生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、ミレニアル世代の「スマートフォン撮影事情」をテーマに、レポートいたします。ミレニアル世代とは、1980年以降に生まれ、2000年以降に成人

2015年6月2日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

ワークス研究所のレポートです。

次世代シニアが活躍できる社会づくり

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所次世代シニアが活躍できる社会づくり 2030年を見据えて、バブル入社世代、団塊ジュニア世代などがそれぞれイキイキと働いているために、企業、社会に何が必要か。 シニアにまつわる構造を整理、予測し、2030年にシニアの持つ能力や経験を最大限生かせている社会を作るための打ち手(民間企業へ、政府等行政へ)を提示する。 報告書・論文現40代が今後20年以上にわたって生き生きと働くために生じる課題をまとめ、今から取り組むべきことについて提言した

2014年10月16日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル

2025年、変貌するライフスタイルの行方

トップレポート・コラムコンサルティングレポート人事制度2025年、変貌するライフスタイルの行方 ここから本文です2025年、変貌するライフスタイルの行方週末はLCCに乗ってエクスカーション!経営コンサルティング第二部 主任コンサルタント 柳澤 大貴 ◆本5回シリーズにおいては、第1回から第3回で2025年へ向けての人口動態と消費動向、労働力市場の変遷について考察を行った。本稿ではこれまでの考察を踏まえて、ライフスタイルの変貌について想定を試みた。◆価値観の多様化が、新しいライフスタイルを創造する

若年人口の減少と大都市中心部への人口集中

若年人口の減少と大都市中心部への人口集中 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 若年人口の減少と大都市中心部への人口集中若年人口の減少と大都市中心部への人口集中 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年5月に日本創成会議が衝撃的な提言を公表した。そこでは2040年までに49.8%の市町村で20~39 歳の女性数が5 割以上減ると

2014年9月26日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

家計消費の動向予測です。

2025年にかけての家計消費について

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画2025年にかけての家計消費について ここから本文です2025年にかけての家計消費について2025年の消費主体は誰か?経営コンサルティング部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 サマリー◆消費構造は世帯主年齢により変化するが、消費支出が最大になるのは50歳代の世帯である。◆家族形態においては、2025年にかけて単独世帯の増加が予想される。◆家族形態により消費構造や消費支出の水準が異なる。◆消費支出は緩やかに増加し、2020年頃にピ

2014年8月22日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

2025年の人口動態についてのレポートです。

人口動態から見た2025年問題

トップレポート・コラムコンサルティングレポートビジョン/中期経営計画人口動態から見た2025年問題 ここから本文です人口動態から見た2025年問題2025年の人口動態はどのようなものか?経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 岩田 豊一郎 ◆少子高齢化にともなう人口減少問題のメルクマールとして、団塊の世代が全て後期高齢者(75歳以上)になる2025年が注目されている。◆2025年は人口における次のボリューム層である団塊ジュニア世代が全て50歳代になる年でもある。◆50歳代は消費および労働

2014年6月10日日本生産性本部フィードバック数:0大型消費/投資

レジャー白書短信 第1号 「未・既婚、子供の数で変わる参加率・潜在需要」 -30~40代「団塊ジュニア世代」の余暇活動はいま-

日本生産性本部が提供する研修・セミナーを、テーマ別・階層別に検索いただけます。から探す人材育成経営課題スキルその他から探す

企業内での世代ごとの賃金問題です。

大企業における「2020年問題」~バブル・団塊ジュニア世代の高齢化による人件費負担増~

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ