調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 実質GDP成長率

「実質GDP成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年1月27日電通グループ★★フィードバック数:0マーケティング

電通グループ、「世界の広告費成長率予測(2021?2024)」を発表

電通グループ、「世界の広告費成長率予測(2021〜2024)」を発表― 21年17.0%、22年9.2%の成長率で、コロナ禍からの急速な回復・成長を予測 ―株式会社電通グループ(本社:東京都港区、社長執行役員 CEO:五十嵐 博)は、世界59市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測」を発表しました。本予測は毎年2回更新しており、今回は2021年7月発表の予測の更新となります。2021年は成長率実績の確定、2022年は予測の改定、2023年と2024年は新規予測となります

2018年3月8日富士通フィードバック数:0社会/政治

2018・2019年度経済見通し

2018・2019年度経済見通し2018年2月14日株式会社富士通総研2018・2019年度経済見通し-景気拡大はさらに持続-当社は、2017年10~12月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、米欧の金融政策正常化が進んでいきますが、それによって景気が腰折れするリスクは低いと考えられます。日本経済は、内外需とも回復の足取りはしっかりとしており、労働需給がさらに逼迫する中、賃上げが進んでいくと予想されます。2019年10月の消費税率引き上げも、景気を失速させ

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

景気底割れ回避に腐心する中国

トップレポート・コラム経済分析日本景気底割れ回避に腐心する中国 ここから本文です景気底割れ回避に腐心する中国サマリー米国の低調な1-3月期のGDP統計の結果を受け、当社では2015年の米国の実質GDP成長率の見通しを2.8%から2.3%に下方修正した。ただし米国の停滞は一時的なものと予想され、6月の利上げの可能性は低いにせよ、「年内のある時期に利上げ開始が適当」というイエレンFRB議長の発言からも、FRBが金利正常化に着手するタイミングは徐々に近づいている。一方、1-3月期に6年ぶりの低成長とな

2015年5月20日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%~実質GDP成長率は民間需要を中心に緩やかに加速~

経済情報:2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%~実質GDP成長率は民間需要を中心に緩やかに加速~

2015年5月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1-3月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2015年1-3月期GDP一次速報 ここから本文です2015年1-3月期GDP一次速報内需の二本柱を中心に景気回復を確認させる内容サマリー◆2015年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は2四半期連続であり、日本経済が緩やかな持ち直しを続けていることを再確認させる結果と言える。①経済の成長ペースが前期より加速したこと、②市場コンセンサス(前期比年率+1.6%、前期比+0.4%)を上回ったこと、③これまで減少傾

2015年4月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:一段と減速する景気と難しい舵取り

トップレポート・コラム経済分析中国中国:一段と減速する景気と難しい舵取り ここから本文です中国:一段と減速する景気と難しい舵取り4月20日に預金準備率を追加引き下げサマリー◆国家統計局によると、2015年1月~3月の実質GDP成長率は前年同期比7.0%と、2014年10月~12月の同7.3%から低下した。3月の全人代(国会)で発表された2015年の政府目標である7.0%前後と同じ成長率とはいえ、2009年1月~3月の同6.6%以来6年ぶりの低い伸びとなった。1月~3月の前期比は1.3%と発表され

2015年4月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易赤字が大幅に縮小したが一時的(15年2月貿易統計) ~純輸出は1-3月期の実質GDP成長率を前期比年率0.4%程度押し下げる可能性~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

<要 旨>1月の鉱工業生産指数は前月比+5.8%と2カ月連続の上昇。生産の基調は緩やかな回復である。2月関西の貿易は、輸出は24カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同増加。結果、貿易収支は2カ月連続の赤字となり、赤字幅は同870億円悪化した。2月の消費者態度指数は3カ月連続の前月比改善。同月の景気ウォッチャー現状判断DIも3カ月連続の改善。春節もあり訪日外国人消費が改善に寄与。消費者心理に改善の動きがみられる。11月(関西2府4県)、12月(関西コア)の現金給与総額の伸びは前月から加速。賃金

2015年3月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP二次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP二次速報 ここから本文です2014年10-12月期GDP二次速報設備、在庫の下振れでコンセンサスを下回るサマリー◆2014年10-12月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率+1.5%(前期比+0.4%)と、一次速報(前期比年率+2.2%、前期比+0.6%)から下方修正された。一次速報からはほぼ修正されないと見込んでいた市場コンセンサス(前期比年率+2.2%)と比べ下振れしたことに加えて、設備投資が減少に転じるなど、内容として

アジア経済概況(2014年11・12月)

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2015年2月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年10-12月期のGDPギャップマイナス幅が縮小するも、大幅な需要不足が続く 2015年2月19日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年10-12月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.2%となり、7-9月期の▲2.6%からマイナス幅が0.4%pt縮小した。これは、個人消費の持ち直しの動きが続き、設備投資が3四

2015年2月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10-12月期GDP一次速報

トップレポート・コラム経済分析日本2014年10-12月期GDP一次速報 ここから本文です2014年10-12月期GDP一次速報景気持ち直し確認も、物足りない結果ニューヨークリサーチセンター エコノミスト(NY駐在) 橋本 政彦 サマリー◆2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.6%)となった。プラス成長は3四半期ぶりであり、増税後の景気悪化からの持ち直しを確認させる結果であったと言える。ただし、成長率自体は決して低くはないものの、市場コンセンサス(前期比年

2015年2月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

2015年2月4日大和総研★フィードバック数:0社会/政治海外

大和総研のレポートです。

ASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月)

トップレポート・コラム経済分析新興国ASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月) ここから本文ですASEAN5ヵ国の経済見通し(2015年2月)サマリー◆インドネシアの実質GDP成長率は3四半期連続で鈍化した。今後は、原油価格の急落がインフレ率の低下や燃料補助金の大幅削減等を通じて経済を底上げすると期待される。特に燃料補助金の削減は財政に余力を生じさせた。実際、今年1月に提出された2015年度の補正予算案では、インフラ整備等への投資を元の予算案から大幅に増額する予定である。しかし、依然として経

2015年1月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:成長率低下は当たり前

トップレポート・コラム経済分析中国中国:成長率低下は当たり前 ここから本文です中国:成長率低下は当たり前2014年は7.4%成長。安定した雇用の維持のため景気下支え策を継続サマリー◆国家統計局によると、2014年の中国の実質GDP成長率は前年比7.4%と、2012年、2013年の同7.7%から減速した。一般には低成長への懸念が強調されるが、中国の産業構造はサービス化が進展しつつあること(高成長期から安定成長期へ移行)などから、成長率が徐々に低下していくのは自然である。◆2015年の消費のポイント

日本経済(週次)予測(2014年12月15日)<大幅円安と原油安により交易条件は改善>

日本経済(週次)予測(2014年12月15日)<大幅円安と原油安により交易条件は改善>2014-12-15 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(

アジア経済概況(2014年9・10月)

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバルビジネスグローバルビジネス本邦企業の海外戦略、進出・提携支援、買収後の事業統合(PMI)や現地経営管理など、お客様のニーズに合わせたソリューションをご提供します。 デ

2014年11月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期のGDPギャップ

トップレポート・コラム経済分析日本2014年7-9月期のGDPギャップ ここから本文です2014年7-9月期のGDPギャップマイナス幅が拡大、デフレ脱却に向けた動きも足踏みサマリー◆2014年7-9月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同期のGDPギャップは▲2.7%となり、4-6月期の▲2.2%からマイナス幅が0.5%pt拡大した。これは、企業の在庫調整の動きが強まったことや消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いたことで、実質GDP成長率が予想外に2四半期連続のマイナスとな

予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年11月18日予想外のマイナス成長となった7-9月期GDP~個人消費は緩やかに回復 内閣府が11月17日に発表した2014年7-9月期の実質GDP(国内総生産)成長率の1次速報値は、前期比0.4%減、年率1.6%減と、2期連続のマイナスとなりました。市場予想の2.2%増を大きく下回ったことから、4月の消費税率引き上げで落ち込んだ景気の持ち直しが、市場の想定より遅れていることが示されたと言えます。各項目の寄与度をみると、外需が実質G

2014年11月18日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年11月改訂)

PRESS RELEASE2014年11月17日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年11月改訂)-追加緩和が景気回復を確実なものに- 当社は、2014年7~9月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、引き続きアメリカを牽引役に緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は、企業収益増加が賃金上昇に着実に結びついており、先行きは消費も回復し、設備投資も出てくると予想されることから、2015年度にかけて景気は拡大していくと考えられま

2014年11月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

2014年11月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう

トップレポート・コラム経済分析米国予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう ここから本文です予想を上回る米国GDP成長率は割り引こう2014年7-9月期の実質GDP成長率は3.5%と予想を上回るサマリー◆2014年7-9月期の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で前期比3.5%増となった。悪天候からの反動で高成長となった4-6月期の伸びは下回るが、市場の事前予想を上回った。◆需要項目別で見て、GDPの押し上げに寄与したのは、個人消費のほかに純輸出と政府支出となった。いずれもGDPを持続的に押

日本経済(週次)予測(2014年10月20日)<7-9月期実質成長の半分超を公的需要が説明>

日本経済(週次)予測(2014年10月20日)<7-9月期実質成長の半分超を公的需要が説明>2014-10-20 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調である。近畿

関西経済月次分析(2014年9-10月)

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調である。近畿経産局は生産の基調判断を前年9月以降始めて下方修正した。 ・2月の貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり前年比拡大したが、

2014年10月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:目線をさらに下に

トップレポート・コラム経済分析中国中国:目線をさらに下に ここから本文です中国:目線をさらに下に2014年の見通しを7.5%⇒7.3%、2015年は7.2%⇒7.0%に引き下げサマリー◆国家統計局によると、2014年7月~9月の中国の実質GDP成長率は前年同期比7.3%と、1月~3月の同7.4%、4月~6月の同7.5%を下回った。盛来運・国家統計局スポークスマンは、「7月~9月の実質GDP成長率は確かに減速したが、1月~9月の都市新規雇用増加数は1,000万人を超え、年間目標(1,000万人)を

日本経済(週次)予測(2014 年10月13日)<8月景気動向指数は景気の局面変化を示唆、生産サイドの予測と違和感はない>

日本経済(週次)予測(2014 年10月13日)<8月景気動向指数は景気の局面変化を示唆、生産サイドの予測と違和感はない>2014-10-14 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期

2014年10月15日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2014年7-9月期の実質GDP成長率~景気は軟調に推移しつつもMASは通貨高政策を維持~

BTMU ASEAN TOPICS:シンガポール経済:2014年7-9月期の実質GDP成長率~景気は軟調に推移しつつもMASは通貨高政策を維持~

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>

日本経済(月次)予測(2014年9月)<インフレ率に一服感が見られる>2014-09-29 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.43 <一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,一部底堅さも見られるが、先行き不安で弱含み-米中対立の行方や消費増税の影響など不透明要素が重荷- 1.2019年1-3月期実質GDP成長率は前期比+0

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

日本経済(週次)予測(2014年9月22日)<公的固定資本形成は堅調だが、低調な民間消費、純輸出により、7-9月期の景気回復はもたつく>

日本経済(週次)予測(2014年9月22日)<公的固定資本形成は堅調だが、低調な民間消費、純輸出により、7-9月期の景気回復はもたつく>2014-09-22 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年

日本経済(週次)予測(2014年9月15日)<低調な民間最終消費支出により、7-9月期の景気回復はもたつく>

日本経済(週次)予測(2014年9月15日)<低調な民間最終消費支出により、7-9月期の景気回復はもたつく>2014-09-17 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>

日本経済(週次)予測(2014年9月9日)<7-9月期の実質GDP成長率2%台に減速>2014-09-09 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調である。近畿経産局

アジア経済概況(2014年7・8月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年9月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年9月改訂)

PRESS RELEASE2014年9月8日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年9月改訂)当社は、2014年4~6月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。日本経済は消費停滞が長引いていますが、賃金改善によりやがて持ち直しに向かい、また、維持更新や省力化を目的とした設備投資が増加していくことにより、再び回復軌道に戻っていくとの前回見通しのシナリオに変更はありません。4~6月期の下方修正に伴い、2014年度の実質GDP成長率は引き下げました。実質

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期GDP二次速報設備投資下方修正、在庫投資上方修正 2014年9月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率▲7.1%(前期比▲1.8%)と、一次速報(前期比年率▲6.8%、前期比▲1.7%)から下方修正されたが、概ね市場コンセンサス(前期比年率▲7.0%、前期比▲1.8%)通りの結果となった。

2014年9月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年8月) <回復遅れる 7-9 月期の民間最終消費支出>

日本経済(月次)予測(2014年8月) <回復遅れる 7-9 月期の民間最終消費支出>2014-09-01 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4-6月期法人企業統計と二次QE予測製造業を中心に増益幅縮小/二次QEはわずかに上昇修正と予測 2014年9月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+4.5%と、10四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期(同+20.2%)を下回った。売上高は同+1.1%と4四半期連続の増収となったものの、増収幅が

第101回景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.4%、15年度+1.4%、16年度+1.3%と予測>

第101回景気分析と予測<4-6月期GDP1次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.4%、15年度+1.4%、16年度+1.3%と予測>2014-08-27 <予測のハイライト>1. GDP1次速報値によれば、2014年4-6月期実質GDP成長率は前期比年率-6.8%と大幅なマイナス成長。消費増税の影響の大きさを確認した結果といえよう。過去の成長率が遡及改定されたため、13年10-12月期は同-0.2%とマイナス成長に、14年1-3月期も同+6.1%へ下方修正された。結果、14

日本経済(週次)予測(2014年8月25日)<7-9月期貿易赤字の改善は緩やか>

日本経済(週次)予測(2014年8月25日)<7-9月期貿易赤字の改善は緩やか>2014-08-25 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換

関西経済月次分析(2014年7-8月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.4%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。実質GDP成長率に対する寄与度を見ると、国内需要は2四

日本経済(週次)予測(2014年8月18日)<7-9 月期の実質成長率は前期比年率+4.0%程度>

日本経済(週次)予測(2014年8月18日)<7-9 月期の実質成長率は前期比年率+4.0%程度>2014-08-18 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調である

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第182回日本経済予測人手不足が日本経済に与える影響を検証する~①消費税増税、②人手不足、③輸出動向、④猛暑効果等を考察~ :2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+1.1%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。日本経済は、2014年4-6月期に消費税増税の影響で一時的に低迷したものの、7-

日本経済(週次)予測(2014年8月11日)<4-6 月期実質成長率の最終予測は前期比年率-6.9%>

日本経済(週次)予測(2014年8月11日)<4-6 月期実質成長率の最終予測は前期比年率-6.9%>2014-08-11 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調で

2014年8月14日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)

PRESS RELEASE2014年8月13日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年8月改訂)-設備投資が回復の主役へ- 当社は、2014年4~6月期のGDP統計(1次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。世界経済は、アメリカを牽引役に緩やかな拡大を続けていくと見込まれます。日本経済は、維持更新や省力化を目的とした設備投資が活発化し、輸出も持ち直していくことで景気拡大を続けていくと考えられます。4~6月期の弱さを反映し、2014年度の実質GDP成長率は前回見通しか

2014年8月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%~消費増税の影響で景気は一旦大きく落ち込み~

経済情報:2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%~消費増税の影響で景気は一旦大きく落ち込み~

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>

日本経済(週次)予測(2014年8月5日)<気になる民間企業在庫品増加の上方修正>2014-08-05 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-3月期の最初の月としては低調である。近畿経産局は生

2014年8月3日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2014年7月)<4-6 月期景気の特徴:増税後の消費減が大きく、 緩やかな拡大にとどまる純輸出>

日本経済(月次)予測(2014年7月)<4-6 月期景気の特徴:増税後の消費減が大きく、 緩やかな拡大にとどまる純輸出>2014-07-28 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国GDP成長率は予想を上回る反動増

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国GDP成長率は予想を上回る反動増2014年4-6月の実質GDP成長率は悪天候での落ち込みから4.0%増へ 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年4-6月の米国の実質GDPは、季節調整済み年率換算で4.0%増と、1-3月期のマイナス成長から、予想を上回るプラス成長に転換した。1-3月期のマイナス成長は悪天候や在庫調整などの一時的要因による落ち込み

日本経済(週次)予測(2014年7月21日)<4-6月期公的固定資本形成かろうじて成長にプラス寄与、7-9月期は押し上げ期待高まる>

日本経済(週次)予測(2014年7月21日)<4-6月期公的固定資本形成かろうじて成長にプラス寄与、7-9月期は押し上げ期待高まる>2014-07-22 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.71 – 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords - 景気は足下悪化傾向、先行きは改善の兆しか - ・1月の生産は3カ月連続の前月比マイナス。10-12月平均比でも低下し、1-

関西経済月次分析(2014年6-7月)

関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.42 <先行きの減速リスク高まる関西経済> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 四半期予測, 早期推計,先行きの減速リスク高まる関西経済-個人消費は弱含み、「2つの輸出」も減速懸念- 1.2018年10-12月期実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.4%)と2四半期ぶりのプラス成長となった。実質GDP成長率に対する寄与度を見ると、国内需要は2四

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

新着データ

お知らせ