「成長企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月4日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

「風通しがよい会社」ランキングトップ102社

「風通しがよい会社」ランキングトップ102社リクルートGが上位独占、スタバやイケアも 「風通しがよい会社ランキング」で、リクルートグループが上位を独占した (撮影:今井康一) できれば雰囲気のよい会社に就職したい――。逆求人型の新卒採用サイト「OfferBox」を展開するi-plug社が今年1月に就活生向けに行った調査によると、どんな企業に魅力を感じるかという問いに対し、トップとして挙げたのが、「社内の雰囲気がよい」だった。回答者のうち85.6%がそう答えており、続く「成長できる環境がある」

2016年11月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「業績計画を増額した236社」ランキング

「業績計画を増額した236社」ランキング早くも「アップルペイ」で利益拡大した会社も アップルペイのような話題の新商品をきっかけに、自社の業績を飛躍させる会社もある(写真:ロイター/アフロ) 円高や国内消費の低迷などを受けて、企業業績の進捗度合いや通期決算の見通しがどのようになるか、株式市場でも注目が高まっている。中間決算(2016年4~9月)の発表シーズンにあった3月決算会社を対象に、9月から11月第1週までに行われた会社の発表を集計したところ、2017年3月期の営業利益計画を期初の計画に比

2016年1月27日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「カネを持て余している」300社ランキング

「カネを持て余している」300社ランキングバイオや新興メディア系などが目立つ カネを貯め込んでいる会社は…(写真:Graphs / PIXTA) 本日1月25日に今年最初の給料をもらうビジネスパーソンは多いだろう。一方、給料日は会社にとって手元の現金がドッと出て行くタイミングでもある。一般家庭もそうだが企業もカネが回らなければ、極端な話、経営破綻してしまう。そんな企業の財務健全性を示す指標がネットキャッシュ。現預金と短期保有の有価証券の合計額から有利子負債を差し引いた額だ。企業の実質的な手元

2015年12月24日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

最新!これが「金持ち企業」トップ500社だ

「金持ち企業」トップ500社【2015年版】1位はファナック、財務健全な企業とは? ファナックのコーポレートカラーといえば黄色だ(写真は見本市「JIMTOF2012」のブース)(撮影:梅谷 秀司) TBSテレビの日曜劇場でヒットを飛ばしている連続ドラマ『下町ロケット』。今年放送された連ドラの中では、最高水準の視聴率を維持しており、12月20日(日)の最終回に向けて注目も高まっている。2年前に同じ枠で放送された銀行を舞台にした『半沢直樹』でも描かれたが、中小企業の経営者を主人公にした下町ロケッ

2015年3月22日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ300

新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ30015年最新版「新卒3年後定着率」を読み解く いよいよ春になり、卒業式のシーズンとなってきた。大学、短大、高等専門学校(高専)、専門学校、高校などの卒業生は4月から社会人という人も少なくないだろう。ただ、夢を持って社会に出てもその一定数は数年内に最初の職場を去るのが現実だ。膨大な候補から絞り込もうでは、新卒学生にとって働きやすい職場を探すにはどうすればよいのだろうか。もちろん1社ずつ細かく見ていくのが理想だか、それでは時間がいくらあっても足りない。そこ

2014年5月25日東洋経済新報社フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最新「CSR高成長ランキング」トップ50

最新「CSR高成長ランキング」トップ50協和エクシオ連続首位、2位伊藤園、3位コムシス 2位にランクインした伊藤園。主力製品の「おーいお茶」だけでなく、「TULLY'S COFFEE」ブランドシリーズも順調(伊藤園提供) 最新の2014年版では、をやなど横断的に分けながら、さまざまな形で紹介してきた。今回は、時間軸に着目して、CSRの成長企業を見つける「CSR高成長ランキング」をお届けする(東洋経済CSR企業ランキングの見方や考え方については)。 これから伸びるCSR成長企業の見つけ方とは?

2013年8月25日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

トップは野村證券でした。

「外国人管理職数ランキング」トップ100

「外国人管理職数ランキング」トップ100トップは野村の158人、外国人管理職は依然、珍しい存在 野村が外国人管理職数で断トツの首位(撮影:梅谷秀司) 日本政府観光局が7月24日に発表した「2013年上半期に観光や仕事などで日本を訪れた外国人数」は前年同期比22.8%増の495.5万人と過去最多となった。少子高齢化で人口減少が続く日本では、外国人との活発な交流は社会の活力維持に欠かせない。今後は、こうした一時的な訪問だけでなく、外国人が日本社会で持続的に活躍していくことが求められる。実際、日本

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2012年度の企業の資金調達動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達2012年度の企業の資金調達動向 ここから本文です2012年度の企業の資金調達動向全体的には低迷するも、医療・福祉業など成長分野の資金需要は旺盛サマリー◆2012年度の企業部門における資金調達は、銀行借入やCPの発行などによる調達には増加がみられたものの、増資や社債発行など資本市場を通じた資金調達は低調であった。また、銀行借入の増加も一部大企業が銀行から支援を受けた影響が大きいことから、企業活動が活発化したことに伴う資金需要の増加とは

2013年4月1日東洋経済新報社★フィードバック数:16製造業/エレクトロニクス

CSRについての企業ランキングです。

最新「CSR高成長ランキング」トップ50

「CSR高成長ランキング」トップ50【2013年版】CSR得点上昇率1位の企業は? 連覇となった協和エクシオは電気通信工事の大手(画像は同社のホームページ) 今回はCSRの成長企業を見つけるためのランキングをご紹介する。CSR企業ランキングは幅広く活動を行う大手メーカーが上位となりやすい。部門別、業種別のランキングも同様だ。そのため、CSR活動を積極的に行っているにもかかわらず、目立たない中堅企業は少なくない。しかし、こうした企業の多くが実は成長過程にあり、株式投資や就職先などとして魅力的で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ