「消費増税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年11月4日ジェーシービー★★フィードバック数:0大型消費/投資

“Go To トラベル”に東京発着の旅行が対象に加わった10月前半の消費動向指数

“Go To トラベル”に東京発着の旅行が対象に加わった10月前半の消費動向指数、「旅行」が大幅に回復する一方、「家電」「家具」は伸び鈍化。全体消費は回復足踏み。 ~10月前半の国内消費指数「JCB消費NOW」ハイライト~ 株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)と株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下:ナウキャスト)は、プライバシーを保護した形で加工したJCBカードの取引データを活用し、現金も含む

2020年1月8日アスマークフィードバック数:0社会/政治

消費増税とスーパーの利用状況に関する調査

消費増税とスーパーの利用状況に関する調査 消費増税とスーパーの利用状況に関する調査消費増税とスーパーの利用状況に関する調査スーパーは「価格」と「生鮮食品」以外の理由で選択されていない2019年10月の消費税増税からしばらく経ち、増税前後の消費行動への影響が、色々なデータとして表れてきました。10月の支出は5.1%減、消費増税後の売上はコンビニの1人勝ちと、今回の増税はスーパーマーケットにとってまさに逆風と言える状況となっています。そこで今回は、2017年実施の自主調査(スーパーマーケットに関す

2019年12月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査

HAKUHODO Fintex Base × 博報堂金融マーケティングプロジェクト、消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査を実施10月の消費増税を受け、モバイル決済サービス利用者は約36%と、2019年3月から約16ポイントの大幅増 消費増税に伴うキャッシュレス還元事業の認知は9割超、関心・行動も約7割に株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が9月に発足したFintechサービスに関する生活者の意識・行動の調査研究を行うプロジェクト「HAKUHODO Fint

消費増税前の駆け込み購入に関する意識調査

News Release メディア掲載、取材依頼など広報部への問合せは こちら当校のニュースリリースを掲載しております。ニュースリリース一覧 <新型コロナウイルス感染症に関する対応について>2021年6月22日追記当校では、受講生および講師・スタッフの安全・安心を最優先に考え、政府・東京都の最新の方針に則り、教室定員を緩和し、感染予防・拡大防止策を十分に講じた上で教室での講座を開催・運営しております。 取り組みの詳細についてはこちらをご確認ください。日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

2019年2月21日電通★フィードバック数:0社会/政治

10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」を実施2019年2月21日7割近くに駆け込み需要。4割が数カ月分のまとめ買い意向 シニアの7割近くがポイント還元の中小小売でキャッシュレス決済意向あり株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、

増税後は7割がキャッシュレス決済に積極的~20代から80代の女性1232人に「消費増税」アンケート~ 節約したいもの1位は「外食費」

サンケイリビング新聞社リビングニュース 2019-02-07増税後は7割がキャッシュレス決済に積極的 〜20代から80代の女性1232人に「消費増税」アンケート〜 節約したいもの1位は「外食費」女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭)では、昨年11月に消費増税」アンケートを実施(※1)。2月9日号のリビング新聞(大阪・兵庫128万6600部発行※2)で、「10月までに考えたい 消費税10%のこと」として特集してい

2018年6月19日マーキュリーフィードバック数:0大型消費/投資

消費増税に伴う新築マンション需給動向発表~Realnetレポート~

消費増税に伴う新築マンション需給動向発表~Realnetレポート~2019年10月、消費税10%へ。~消費増税に伴う新築マンション需給動向発表~新築マンション業界で導入シェア9割のマーケティングシステム“サマリネットシリーズ”を提供する株式会社マーキュリー(本社:東京都新宿区 代表取締役:陣 隆浩)は、10%への消費増税を2019年10月に控えた今、前回2014年の消費増税時にマンション市場にどのような影響があったのかを調査し、需給動向としてまとめました。不動産業界向け会員制情報サービスReal

2017年6月12日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

2016年 マンションデベロッパー主要102社の経営実態調査

2017/5/312016年 マンションデベロッパー主要102社の経営実態調査消費増税の反動減から回復の兆し〜 102社中65社が増収 〜はじめに政府は2014年4月に消費税8%とする増税を実施。その前後では、駆け込み需要が発生しマンションの販売戸数が増加したのち、反動減で販売が落ち込むという一連の流れがあった。ただし、政府は増税時の反動減による影響を緩和するため住宅ローンの減税を実施したほか、現在はマイナス金利の影響で消費者も低金利での借り入れが可能な状況というプラス要因もある。帝国データバン

2016年11月7日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)

2016/10/31第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)消費増税の反動減から2年連続で売上減〜 地方百貨店の回復依然足踏み 〜はじめに10月6日、(株)セブン&アイ・ホールディングス(東証1部)とエイチ・ツー・オーリテイリング(株)(東証1部)が資本業務提携に関する基本合意書を締結し、セブン傘下の百貨店3店舗が譲渡される運びとなった。これは百貨店経営における両社の思惑が重なり実現したものだが、今後も消費者の購買行動が大きく変化するなかで、各社生き残りを懸けた経営施策を打ち出すこ

2015年6月18日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年3月度)

印刷業定点調査 各地の声(2015年3月度).7%と大震災のあった2011年以来の大きな落ち込み幅になった。昨年3月は消費増税前の駆け込み需要で21世紀初の2桁増(+12.0%増)だったことを勘案すると、△5.7%は一概に悪いとは言えない。今年は地域によっては統一地方選による印刷需要の創出があった面もある。地域別に見ると、回復しつつあった首都圏と甲信越静がマイナスに転じた。名古屋圏は増税前の駆け込み需要による反動減を吸収してプラスを維持する需要の底堅さを見せている。大阪圏は都構想などが印刷需要に

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(1)産業総合 ~消費増税後の落ち込みから緩やかな改善基調が継続~

需給動向レポート(2015年6月)(1)産業総合 ~消費増税後の落ち込みから緩やかな改善基調が継続~

企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1%

企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1% | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年4月)~消費増税の影響剥落で前年比▲2.1% 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響剥落で前年比▲2.1%・輸入物価は下落幅が拡大・最終財価格は夏場以降上昇基調が明確に5月15日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2

2015年5月6日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)

印刷業定点調査 各地の声(2015年1月度)売上高は△1.4%と10月から4カ月連続のマイナスとなった。マイナス幅は大きくないものの、増税によって名目上の売上高が3%近く押し上げられていることを考慮すると、印刷経営の実態は厳しさが続いている。昨年2~3月は消費増税前の駆け込み需要で空前の賑わいだったため、対前年比で見た印刷経営は3月まで落ち込み幅が大きくなることが確実視される。地域別に見ると、名古屋圏と大阪圏のマイナス幅が縮小したが、大阪圏の落ち込みが大きく、名古屋圏は前年をやや下回る程度の水準

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ― アジア太平洋研究所『2014年版 関西経済白書 ―KANSAI発のイノベーションとは何か―』(以下、関西経済白書)では、関西経済が長期低迷に陥っていることを指摘し、その要因分析と打開策の検討を中心に議論を展開してきました。関西経済をマクロの視点から、さらに長期的な視点で眺めたとき、国内の他地域経済とはどのような違いがあるのでしょうか。もちろん様々な要因を考えることができますが、本稿では特に、「民間企業設備(以下、設

節約についての調査です。

消費増税から1年。2015年、今年こそ見直したいものに関する調査

消費増税から1年。2015年、今年こそ見直したいものに関する調査

雇用関連統計15年2月~消費増税を起点とした雇用情勢の悪化は回避

雇用関連統計15年2月~消費増税を起点とした雇用情勢の悪化は回避 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計15年2月~消費増税を起点とした雇用情勢の悪化は回避 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.1ポイント低下の3.5%・消費増税後も雇用情勢の改善基調は崩れず総務省が3月27日に公表した労働力調査によると、15

2015年3月18日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査結果 2015

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査結果 2015 ~消費増税前の駆け込み需要大きくも、反動減もあり市場規模は微増~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内宝飾品(ジュエリー)市場について調査を実施し、2014年の市場規模(実績値)、および2020年まで予測値を公表する。1.調査期間:2014年1月~12月2.調査対象:宝石専門店チェーン、百貨店や時計宝石店および呉服などの異業種宝飾参入企業、インポートジュエリーブランド企業等3.調査方法:当

企業業績を強気に見やすい季節?

企業業績を強気に見やすい季節? | ニッセイ基礎研究所 企業業績を強気に見やすい季節? 金融研究部 准主任研究員 前山 裕亮基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1年前を思い出してみると・・・日経平均株価が一時1万8500円を超え、TOPIXも7年ぶりの高値。日本株式は年明け直後こそ海外情勢を受けてややもたついたものの、その後は企業の業績拡大などが追い風となり、堅調

2015年2月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

経済情報:2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%~消費増税に伴う駆け込み需要の反動の影響が和らぎ、3四半期ぶりのプラス成長~

2015年2月13日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年10月度)

印刷業定点調査 各地の声(2014年10月度) 売上高伸び率は△0.1%と4カ月ぶりのマイナスに転じた。3カ月連続でプラスだったが、消費増税が売上高を名目上3%程度押し上げていることを割り引いてみる必要がある。したがって、プラスからマイナスに転じたというより、実質的にはこれまでのマイナス基調がやや加速したといった方がより適切である。地域別に見ると、円安で恩恵を受ける輸出産業の多い名古屋圏は消費増税分を上回る高い伸びを維持している。一方、首都圏と大阪圏は顕著に減速、増税後の反動減が長期化している。

企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス

企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2015年1月)~消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス 岡 圭佑基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響を除くと、原油安で3ヵ月連続のマイナス・輸入物価はマイナス圏へ・交易条件は緩やかに改善・最終財価格はマイナス圏

消費増税は5割以上の企業に悪影響(滋賀県内企業動向調査 特別項目)

消費増税は5割以上の企業に悪影響(滋賀県内企業動向調査 特別項目)

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄

マイナスの家計貯蓄率 国債消化 焦点は企業貯蓄内閣府が昨年末に発表した2013年度の国民経済計算で、家計貯蓄率がマイナス1.3%となったことが大きく報じられた。エコノミストらの間では1年ほど前から指摘され、日本経済の先行きに与える影響についても議論が繰り広げられてきた。直近の家計貯蓄率は11年度の2.2%から2年で3.5ポイント低下している。大きな数字のように思えるが、実は00年代初頭には、1999年度の8.1%から01年度の3.5%へと、2年で4.6ポイントもの低下が起きていた。過去2回の大幅

2015年1月21日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

日本経済、アベノミクスについてのレポートです。

[緊急リポート]消費増税までの2年間で経済再生に道筋を~これまでのアベノミクスの評価と第3次安倍内閣の政策課題~

[緊急リポート]消費増税までの2年間で経済再生に道筋を~これまでのアベノミクスの評価と第3次安倍内閣の政策課題~

2015年1月8日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年9月度)

印刷業定点調査 各地の声(2014年9月度) 売上高伸び率は+1.8%と3カ月連続のプラスだが、消費増税幅を上回ることができない状況だ続いている。見た目の名目上はプラスだが、増税の影響を加味した実質はマイナスで推移しているとみてよい。地域別には、特に増税後に低迷していた東京が2012年以来の高い伸びとなった。持続的なのか、一過性なのかは、今後の動向判断を待つ必要があるが、想像を超えて長引いた増税の影響が薄れてきた可能性がある。名古屋圏は6月以降、消費増税幅を上回る伸び率が4カ月間続き、国内で最も

産業分野別のレポートです。

2014.12 産業ピックアップ

2014.12 産業ピックアップ消費増税しのぎ じわり浮上−非製造に人手不足の影日本経済研究センターでは、委託研修制度の一環として産業調査班を設け、産業レベルからの景気判断や経済分析に取り組んでいます。いくつかの業種をピックアップ、景気の断面を探ります。停滞していた景気に明るさが点在し始めた。新車や衣料品には持ち直しの兆しが見え、食品スーパー、工作機械、航空などは上り調子だ。リード役の自動車は円安で収益が上振れ、部品にも恩恵が及ぶ。増税をしのぎ景気はじわり浮上に向かい始めている。半面、人手不足の

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門

法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年7-9月期~消費増税後も底堅さを維持する企業部門 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・製造業が大幅増益・設備投資は堅調を維持・7-9月期・GDP2次速報は上方修正を予想財務省が12月1日に公表した法人企業統計によると、

消費増税後の千葉県内百貨店売上は、着実に回復しているものの、天候不順の影響等から回復の足取りは鈍い。今後は、株価回復による高額消費押上げ効果が期待されるほか、都内に比べて弱いインバウンド効果の取り込みが課題の一つになっている

消費増税後の千葉県内百貨店売上は、着実に回復しているものの、天候不順の影響等から回復の足取りは鈍い。今後は、株価回復による高額消費押上げ効果が期待されるほか、都内に比べて弱いインバウンド効果の取り込みが課題の一つになっている

消費増税後の影響に関するアンケート調査

四季折々に美しい姿を見せる「中禅寺湖」と「男体山」 WITH PRIDEIN OURHEARTSAND ASMILEON OURFACES誇りと喜びをもって行動する 日本最古の学校「足利学校」

2014年11月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

経済情報:2014年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.6%~消費増税後の回復の動きは鈍く、2四半期連続のマイナス成長に~

企業対象の調査です。

消費増税の影響および税率再引き上げについてのアンケート調査

消費増税の影響および税率再引き上げについてのアンケート調査

2014年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費増税先送り後の財政健全化目標を考える ~10%見送りでも2015年度PB半減計画達成は射程圏内~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年11月13日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

電撃解散2周年、解散・消費増税の皮肉な巡り合わせ

電撃解散2周年、解散・消費増税の皮肉な巡り合わせ

2014年11月7日南都経済研究所フィードバック数:0ビジネス

消費増税が企業経営に及ぼす影響に関する調査

消費増税が企業経営に及ぼす影響に関する調査

2014年10月30日日本印刷技術協会フィードバック数:0マーケティング

印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度)

HOME研究調査研究調査分析印刷業毎月観測アンケート印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 印刷業定点調査 各地の声(2014年6月度) 2014年6月の売上高は△0.2%と消費増税以来3カ月連続のマイナスながら、ほぼ前年同水準を回復しつつある。マイナス幅は2カ月連続で縮小、売上高は少しずつ回復の傾向を見せている。ただし、消費増税の影響があるから、実質的な売上高は消費増税分3%弱程度が上乗せされていることを割引いて見る必要があるだろう。地域別には、甲信越静と名古屋圏が2カ月連続のプラスと輸

2014年9月24日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年7~9月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)平成26年7~9月期 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、平成26年8月22日から8月29日まで、対象は東京23区の中小企業2,454社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は956社(回答率39.0%)。【 東京の景況は、消費増税の影響等により業種別の回復がばらつくが、先行きは改善を見込む 】 ○「業況DI」(前年同期比・全業種)は、前期と比べ3

2014年9月18日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日銀短観予測シリーズ No.10】日銀短観(9月調査)予測-消費増税後の持ち直しは想定より弱含み

【日銀短観予測シリーズ No.10】日銀短観(9月調査)予測-消費増税後の持ち直しは想定より弱含み

2014年9月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-4】2014~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、緩やかながらも景気は自律回復へ

【日本経済見通しシリーズ No.2014-4】2014~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、緩やかながらも景気は自律回復へ

2014年9月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服

法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計14年4-6月期~消費増税の影響から、利益、設備ともに改善が一服 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・消費増税の影響で増益率が大きく鈍化・設備投資の伸びが大きく低下・4-6月期・GDP2次速報は下方修正を予想財務省

2014年8月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報:2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%~消費増税の影響で景気は一旦大きく落ち込み~

経済情報:2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%~消費増税の影響で景気は一旦大きく落ち込み~

2014年8月14日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日本経済見通しシリーズ No.2014-3】2014~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ

【日本経済見通しシリーズ No.2014-3】2014~2015年度改訂見通し-消費増税を乗り越え、徐々に政策主導から自律回復へ

消費のICT化を考える 家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて―

消費のICT化を考える家計消費支出におけるインターネットを利用した支出動向について―総務省家計消費状況調査データを用いて― (株)情報通信総合研究所マーケティング・ソリューション研究グループ主席研究員 野口正人 一昔前はパソコン、今はスマホ、タブレットを用いた消費活動が順調に伸びている。書籍、洋服、食品、デジタルコンテンツ、情報サービス等々、消費行動においてICTがかかわる場面が広がっている。総務省が毎月発表している家計消費状況調査(※1)にはインターネットを利用した支出総額が掲載されており

2014年7月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(関西):消費増税の影響は想定の範囲内

経済情報(関西):消費増税の影響は想定の範囲内

2014年7月14日トレンダーズフィードバック数:0大型消費/投資

夏休みに関する意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire ~働く女性の夏休みの予算事情~ 4人に1人が「昨年よりお金を使う」~働く女性の夏休みの予算事情~4人に1人が「昨年よりお金を使う」お出かけ情報の収集にSNSを活用、8割超え 7月に突入し、まさに夏本番を迎えており、早い人ではすでに夏休みを取得している人もいます。また今年は消費増税後、初の夏休みであり、夏休みの消費行動や過ごし方に注目が集まっています。そこで、トレンダーズ株式会社が運営する女性ソーシャル研究所「SOCIAL GIRLS

2014年7月2日GfKフィードバック数:0デジタル家電

IT製品販売への消費増税の影響

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握し、サイトの品質や利便性を向上するためCookieを使用しています。Cookieの利用に同意いただける場合は、このまま当サイトをご利用ください。 詳細

鉱工業生産14年5月~在庫の積み上がりがさらなる生産調整につながる恐れも

鉱工業生産14年5月~在庫の積み上がりがさらなる生産調整につながる恐れも | ニッセイ基礎研究所 鉱工業生産14年5月~在庫の積み上がりがさらなる生産調整につながる恐れも 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5月の生産は2ヵ月ぶりの上昇・輸送機械の生産調整が続く・在庫積の積み上がりが明確に経済産業省が6月30日に公表した鉱工業

2014年6月26日GfKフィードバック数:0デジタル家電

消費増税の生活家電販売への影響

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握し、サイトの品質や利便性を向上するためCookieを使用しています。Cookieの利用に同意いただける場合は、このまま当サイトをご利用ください。 詳細

2014年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年6月の日銀短観の予測 ~消費増税後、初回答で自信は取り戻せているか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少

貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 | ニッセイ基礎研究所 貿易統計14年5月~円安一巡と消費増税後の内需低迷から輸出入ともに減少 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・輸出入金額がともに前年比で減少・輸出は一進一退が続く財務省が6月18日に公表した貿易統計によると、14年5月の貿易収支は▲9

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測>

第100回景気分析と予測<1-3月期GDP2次速報値を織り込み、実質GDP成長率を2014年度+0.7%、15年度を+1.2%、16年度を新たに+1.3%と予測> 1.CPB World Trade Monitor (24 Dec. 2019) によれば、2019年7-9月期の世界輸出数量は前期比+0.5%増加し、4四半期ぶりのプラス。10月の世界輸出数量も前月比+0.9%と3カ月ぶりのプラスとなった。また12月14日米中貿易交渉は第1段階の合意に達し世界貿易の一層の悪化は避けられたが、先行き世

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

お知らせ