調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 潜在成長率

「潜在成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

中期経済見通し(2017~2027年度)

中期経済見通し(2017~2027年度) 基礎研REPORT(冊子版)11月号 | ニッセイ基礎研究所 中期経済見通し(2017~2027年度)基礎研REPORT(冊子版)11月号 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済は緩やかな回復が続いている。世界の実質GDP成長率は2010年の5%台をピークに減速を続け、2016年

2015年6月7日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題

世界経済と金融市場:今後の見通しと政策課題講演内容引用禁止木下 祐子 (RIETIコンサルティングフェロー/国際通貨基金(IMF)アジア太平洋地域事務所(OAP)次長) 井上 誠一郎 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省経済産業政策局調査課長) 議事録※講師のご意向により、掲載されている内容の引用・転載を禁じます 世界経済見通し―短期的・長期的要因2015年4月に発表されたIMF「世界経済見通し(WEO)」において、新興国・途上国の実質GDP成長率が先進国よりも高いことに変わり

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2015年2月20日)<経済成長率による潜在成長率の考え方を間違っている連銀>

米国経済(週次)予測(2015年2月20日)<経済成長率による潜在成長率の考え方を間違っている連銀> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年2月18日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

経済成長政策の定量的効果について:既存研究に基づく概観

ノンテクニカルサマリー 経済成長政策の定量的効果について:既存研究に基づく概観このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)1.問題の所在1990年代初めのバブル崩壊以降、有効

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い>

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

資源安で「正念場」を迎えるインドネシア ~景気維持と将来的な潜在成長率向上のなかで板ばさみ~

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の潜在成長率~持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 世界経済のグローバル化が進む中、アジア新興国・地域の成長率は先進国を上回るパフォーマンスが続いている。しかし、一口にアジア新興国・地域といっても、1980年から

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方>

米国経済(週次)予測(2014年11月21日)<FOMC(10/28-29)ミーティング議事録にみる連銀エコノミストの誤った潜在成長率の捉え方> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済

中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済中期経済見通し(2014~2024年度)-需要不足と供給力低下に直面する世界経済 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録は

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―駆け込み需要は前回の増税前に匹敵する大きさに2014年1-3月期の実質GDPは前期比1.6%(年率6.7%)の高成長となった。外需は引き続き成長率を押し下げたが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要を主

2014年5月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

低下するベトナムの成長力

トップレポート・コラムアジアレポートアジアンインサイト低下するベトナムの成長力 ここから本文です低下するベトナムの成長力先日発表された中国の2014年1~3月期の実質GDP成長率は、前年同期比7.4%の低い伸びにとどまった。もっとも低い伸びといっても、日本の成長率に比べればはるかに高い。一国の景況を見る場合、何をもって好不況を議論すべきであろうか。こういう場合、潜在GDPが基準となる。潜在GDP(potential output)とは中期的に持続可能な経済の成長軌道をいい、実際のGDPとこの潜在

2014年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「異次元緩和」の成果と課題(2)

トップレポート・コラム経済分析日本「異次元緩和」の成果と課題② ここから本文です「異次元緩和」の成果と課題②波及経路Ⅰ:期待インフレ率の押し上げ効果の検証サマリー◆2014年4月4日に量的・質的金融緩和は導入から1年を迎えた。本稿は、量的・質的金融緩和の成果と課題についてまとめたレポートの第二弾である。本稿では、量的・質的金融緩和の波及経路として企図されている、期待インフレ率の押し上げ効果について分析する。◆期待インフレ率の動きを見ると、短期的な期待インフレ率には明確な上昇が確認できる一方、中長

2014年3月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:リスク要因としての成長率7.5%目標

トップレポート・コラム経済分析中国中国:リスク要因としての成長率7.5%目標 ここから本文です中国:リスク要因としての成長率7.5%目標サマリー◆2014年3月5日から開催されている中国の第12期全国人民代表大会(全人代=日本の国会に相当)第2回会議では、李克強氏が首相に就任して初めての政府活動報告を行い、注目された2014年の実質GDP成長率目標は7.5%前後となった。◆実質GDP成長率目標の7.5%設定は2012年から3年連続であり、潜在成長率の低下が指摘されるなか、マーケットは目標が引き下

中国経済は良いのか悪いのか?

中国経済は良いのか悪いのか? | ニッセイ基礎研究所 中国経済は良いのか悪いのか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国では、経済成長率の鈍化や金融市場の混乱で株価が低迷しているにもかかわらず、国際資金は中国へ流入して人民元は最高値圏にあり、中国経済は良いのか悪いのか判断が難しいところにある。国際的に見ると、中国の経済規模は

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾中銀、先行きの不透明感を警戒(Asia Weekly (12/23~12/27)) ~来年も経済成長率は潜在成長率を下回るとの見方を示す~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中央経済工作会議開幕、中国が目指す成長の方向は ~目先の成長重視か、中長期的な潜在成長率向上かの分かれ道~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年11月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

堅調な景気の背後で悩めるシンガポール ~外国人労働者への規制強化の動きは潜在成長率の低下を招く可能性も~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州、政権交代や中国の底入れ期待も、景気の急回復は難しい ~資源依存からの脱却は一朝一夕に進まず、当面は潜在成長率並みの拡大に~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる ~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年7月31日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに-スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク

雇用環境の悪化がユーロ圏景気回復の足かせに-スペインの雇用環境からみた潜在成長率の低下リスク

2013年7月17日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

中国、政府の成長率目標は一段と厳しい状況に ~構造改革と潜在成長率低下が重なるなか、現政権は課題克服に動けるか~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年7月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2013年6月)

米国経済(月次)予測(2013年6月)<金融政策と成長戦略に不可欠な潜在成長率の実証分析> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営

中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:潜在成長率の低下と今後の経済運営 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 中国経済は成長率が4四半期連続の8%割れとなるなど景気に先行き懸念があるにも拘らず、中国政府は冷静で、8%割れを懸念する声はあまり聞かれない。中国政府が冷静な背景には、「健全な発展」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ