「総務部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年8月12日オフィスのミカタフィードバック数:0キャリアとスキル

7割弱の総務担当者が「テレワークをしていない」実態が明らかに

従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」総務管理・人事・経理に関するニュースを毎日配信。 業界のトレンドをまとめていち早くチェックできます。 サービス資料やセミナー、企業情報など、ビジネスに役立つ情報を効率的に探すことができます。 トレンドの用語について説明しています。お調べになりたい用語を五十音検索やキーワードで検索し、関連するニュースも合わせて読めます。 年2回発行の情報媒体誌『オフィスの

2021年6月24日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

8割以上がまだワーケーションの導入を検討したことがない

8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる8割以上がワーケーションの導入を未検討。ネガティブイメージは仕事と休暇の線引きが曖昧になる 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「ワーケーションに関する調査」を実施し、178名から回答を得ました。 調査結果 概要】 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約半数がワーケーションを「なんとなく理解」ワーケーションとは何か知っているか尋ねたところ、「よく理解している」が22.5%、「なんとなく

2021年4月28日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は「平等性」「制度の利用率」「経営層の理解」など

テレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解などテレワーク手当の実施率は約3割。福利厚生の課題は平等性、制度の利用率、経営層の理解など 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「福利厚生に関する調査」を実施し、148名から回答を得ました 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。テレワーク手当を実施しているのは約3割。実施内容は「毎月一律の金額を支給」が多数テレワークを実施している企業に対し、テレワーク手当を実施しているか尋ねたと

2021年4月16日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

コロナ対策やテレワーク推進の影響で、約9割が2020年度に会社全体のデジタル化が進んだと回答

9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多9割が2020年度に会社のデジタル化が進んだと回答。2021年度に求めるものもデジタルツールの導入が最多 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に「総務の2020年度の振り返りと2021年度の展望に関する調査」を実施し、139名から回答を得ました。 調査結果 概要 リリースはこちら ※グラフはクリックで拡大できます。約9割の総務が2020年度は仕事の内容が変化した 2020年度を振り返り、コ

2021年1月12日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に社員研修に関する調査を実施し、113名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます73.4%が対面研修のオンライン化に着手これまで対面で実施していた研修について新型コロナウイルス感染拡大後の実施状況を尋ねたところ、「一部をオンライ

2020年12月2日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークで「会社の方向性を伝えにくくなった」が79.1%。そのうち95.7%が社員のエンゲージメント低下を実感

テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感テレワークで会社の方向性を伝えにくくなったが8割。社員のエンゲージメント低下を実感 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象にモチベーションに関する調査を実施し、253名から回答を得ました。 調査結果 概要 ※グラフはクリックで拡大できます94.5%が新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会が減った新型コロナウイルスの感染拡大以降、社員同士が対面で会う機会に変化があるか尋ねたところ、 「とても減っ

2016年11月13日沖縄県フィードバック数:0ビジネス

時差通勤制度の導入効果に関するアンケート調査

ここから本文です。更新日:2016年11月7日時差通勤制度の導入効果に関するアンケート調査結果について 沖縄県では、職員の家庭生活と職業生活の両立推進、通勤疲労軽減等による健康維持及び事務効率の向上等に資することを目的として、平成28年5月より、時差通勤制度を導入しています。また、同年7月及び8月の2ヶ月間を推進月間として実施したところです。総務部人事課では、時差通勤制度の導入効果を把握し、今後のより望ましい勤務体系を検討するため、時差通勤の導入効果に関するアンケート調査を実施しましたので公表し

2016年11月5日高知県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年家畜頭羽数調査

調査結果の概要調査要領1.調査名称:平成28年家畜頭羽数調査2.調査方法:調査員調査3.調査対象:高知県全域の家畜飼養農家4.調査基準:平成28年2月1日現在5.調査期間:平成28年1月上旬から同年2月26日まで「平成28年家畜頭羽数調査」については、下記にお問い合わせください。 高知県 総務部 統計分析課〒780-8528 高知県高知市丸ノ内1丁目3番30号 四国森林管理局2階

2016年6月5日ごちクルフィードバック数:0社会/政治

社内コミュニケーションに関する意識調査

風通しのいい職場を目指すなか、重視されるのが職場でのコミュニケーション。これまでは、「飲みニケーション」という言葉が象徴する「夜の」懇親会が主流でした。しかし、職場で活躍する女性や育児をする男性が増え、社員のライフスタイルが多様化するいま、そのあり方にも変化が求められています。アンケートによると、好まれる懇親会の開催時間は夜より昼。ランチタイムを活用した「ランチ会」を開くことで、より働きやすい環境を作る可能性があるという結果が出ました。お弁当・ケータリングを用意しての社内ランチ会ならば、近くに飲

2016年4月20日ソニー生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

社会人1年目と2年目の意識調査2016

ニュースリリース(平成28年度)社会人1年目と2年目の意識調査20162016年4月14日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2016年3月27日~3月31日の5日間、この春就職する、または、就職してから1年経つ20~29歳の男女に対し、今年で3回目となる「社会人1年目と2年目の意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要アンケート調査結果社会人1年目にかかっ

2014年12月28日かほく市フィードバック数:0社会/政治

統計でみるかほく市2014

【資料】統計でみるかほく市2014作成日:平成26年12月お問い合わせ 総務部 企画振興課〒929-1195 石川県かほく市宇野気ニ81番地 電話番号:076-283-1112ファックス:076-283-4242

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ