「調査日本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年 デロイト ミレニアル・Z世代年次調査日本版

ミレニアル・Z世代 悲観の時代で成功する鍵は「柔軟性・適応性」? ブックマークが追加されました ミレニアル・Z世代 悲観の時代で成功する鍵は「柔軟性・適応性」? ブックマークが削除されました 記事タイトル ミレニアル・Z世代 悲観の時代で成功する鍵は「柔軟性・適応性」? 既にブックマークされています ミレニアル・Z世代 悲観の時代で成功する鍵は「柔軟性・適応性」?2021年 デロイト ミレニアル・Z世代年次調査日本版 COVID-19に影響を受けたミレニアル・Z世代のマインド

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表

「デロイト ミレニアル年次調査2020」を発表COVID-19がミレニアル・Z世代に及ぼした影響とは?最新グローバル調査データに基づき日本と世界の意識を比較・解説 今後の経済状況の見通しは他国と比較しても悲観的な日本のミレニアル・Z世代。離職意向は低下し、企業に留まりたいとの考えが増加。将来を不安視する声も増加傾向。 2020年7月6日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、デロイト グローバルが行っているミレニアル・Z世代を対象とした年次調査の最新版となる第

2017年1月13日エクスペディアフィードバック数:0大型消費/投資

世界21ヶ国 ミレニアル世代の旅行 国際比較調査

[成人の日企画]世界21ヶ国 ミレニアル世代の旅行 国際比較調査日本のミレニアル世代は世界で一番「海外旅行しない」! 旅選びのポイントは「一人」「価格」そして「短い日数」エクスペディアは若者の旅を応援します!世界最大級の総合旅行サイト・エクスペディアの日本語サイト、エクスペディア・ジャパン(www.expedia.co.jp)では、世界21ヶ国18歳以上の有職者男女計21,064名を対象とした「ミレニアル世代の旅行 国際比較調査」を発表いたします。 日本のミレニアル世代は世界で一番 海外旅行をし

日本の中堅企業250社を対象とした意識調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 日本の中堅企業が描く2020年とは。日本の中堅企業250社を対象とした意識調査結果を公開アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本の中堅企業250社を対象とした意識調査日本の中堅企業が描く2020年「成長への期待」と「警戒」が交錯~6割が2020年に向けた事業戦略があると回答~ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治)は、日本の中堅企業(年間売上規模が約5億円以上

中堅企業調査レポート2015

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 日本の中堅企業235社の財務責任者を対象とした意識調査アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. 日本の中堅企業235社の財務責任者を対象とした意識調査日本の中堅企業の半数が「転換期」6割が同業界における「競争優位性」に自信~財務責任者は後継者育成・経営への責任・影響力が増す~ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治)は、日本の中堅企業(年間売上規模が約5億円以上200

CFOリサーチ グローバル・ビジネス・スペンディング・モニター2015

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 日本のCFO、国内経済から海外市場に成長の機会をシフトアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.グローバル企業565社の財務責任者(CFO)を対象とした意識調査日本のCFO、国内経済から海外市場に成長の機会をシフト~積極的な投資から、支出・投資の管理を強化する傾向に~ アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.(東京都杉並区/日本社長:清原正治)は、グローバル企業の財務責任者(CFO)565名を対象に過去7

国別比較です。

アジア10カ国の親日度調査

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業 アジア10カ国の親日度調査日本に対する友好度、韓国で上昇傾向アジアの人々の関心は「日本の観光地」  東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディアなどのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、アジア10カ国を対象に、親日度とそ

海外進出している上場企業サイトの多言語化状況です。

企業サイトの多言語化状況調査

【TPP緊急アンケート】 企業サイトの多言語化状況調査を実施~上場企業の英語サイト保有率は9割以上~ アウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、日本のTPP※参加を巡り、7月からの交渉参加にめどが立ったという見方が出たことから、すでに海外へ輸出、販売、サービス提供している日本の上場企業1,075社をピックアップし、企業サイトの海外対応の状況を調査しました。※TPP(環太平洋パートナーシップ協定)・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ