調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 転職コンシェルジュ

「転職コンシェルジュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月7日ワークポートフィードバック数:0大型消費/投資

Go Toトラベルキャンペーンの利用について

Menu<働くみんなのホンネ調査>「Go To トラベルキャンペーン」について調査を実施「Go To トラベルキャンペーン」利用したいと思わないが62.3%新型コロナ感染拡大の不安を理由に挙げる人が約半数 総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者753人を対象に、【Go To トラベルキャンペーン】についてアンケート調査を行いました。 ■Go To トラベルキャンペーン「利用したいと思わない」と回答した人が62.3

2020年6月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

<働くみんなのホンネ調査> 「新型コロナウイルスがもたらした価値観の変化」について調査を実施

Menu<働くみんなのホンネ調査> 「新型コロナウイルスがもたらした価値観の変化」について調査を実施約80%が価値観に「変化あり」 多くが価値観の変化は「良いもの」と回答外出自粛や働き方の変化は、自身の仕事観や生活を見つめ直すきっかけに 総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者365人を対象に、【新型コロナウイルスがもたらした価値観の変化】についてアンケート調査を行いました。 ■約80%が自身の価値観に「変化あり」

2019年7月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

<転職希望者のホンネ調査> 「終身雇用」について調査を実施

Menu<転職希望者のホンネ調査> 「終身雇用」について調査を実施 終身雇用制度「必要ない」が54.3% 年功賃金制「支持しない」が71.9% 会社には実力を公平公正に評価してほしい!という声が多数 総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者405人を対象に、【終身雇用】についてアンケート調査を行いました。 ■定年まで働くことを想定していなかった人が約70%大手企業の脱終身雇用宣言をはじめ「終身雇用の崩壊」が叫ばれてい

2019年7月24日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

<転職希望者のホンネ調査> 「ハラスメント」について調査を実施

Menu<転職希望者のホンネ調査> 「ハラスメント」について調査を実施 ハラスメントを受けたことがある人が約80% ハラスメントを解決するために退職を選んだ人が約40% 総合転職エージェントの株式会社ワークポート(所在地:東京都品川区、代表取締役社長 CEO:田村高広)は、全国の転職希望者470人を対象に、【ハラスメント】についてアンケート調査を行いました。 ■ハラスメントを受けた経験がある人が約80%今年5月、職場でのパワーハラスメント防止を会社に義務付けるパワハラ防止法が成立し、6月には国際

2016年7月7日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

スキルや経験などを度外視して、働いてみたいと思う企業はどこですか?

第1位は「google」 働き方の自由さや環境に惹かれる人が多数 今回は転職希望者が選ぶ、“働いてみたい憧れの企業ランキング”をご紹介します! 経験・スキルなどを度外視するとして挙げてもらいました!●第1位「グーグル」 栄えある1位に輝いたのは、働き方などが何かと話題に上がるグーグル。 やはり働き方の自由さなどに惹かれる人が多いようです。・「世界一働きがいのある会社といわれているから」(マーケティング/20代/女性) ・「自由な会社で楽しく働いている人が多そうだから」(販売・接客/20代/女性)

2016年3月15日ワークポート★フィードバック数:0キャリアとスキル

退職者の再入社を受け入れますか?

退職理由がポジティブならば「再入社OK」な企業は8割も! 一度退職した会社に再就職するというのは一般的にどの程度受け入れられるものなのでしょうか? 今回は、採用担当者に「退職者の再入社を受け入れますか?」という質問をしてみました。 調査の結果、退職者の再入社を受け入れると答えた担当者は、なんと83%にも及びました。やはり過去に在職経験があるため、仕事のやり方や内容を理解しているので「即戦力となるから」という理由が圧倒的に多く見受けられました。また、「他社での経験やノウハウをフィードバックしてもら

2016年3月9日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

“仕事に役立つ”という観点で、あなたのおすすめの一冊を教えてください。

Q.095仕事に役立つおすすめの一冊は何ですか? 嫌われる勇気 ―自己啓発の源流「アドラー」の教え 対人スキルの向上、メンタルやモチベーションの維持に役立つ本が人気! 皆さんは最近どんな本を読みましたか?スマートフォンの普及で読書人口が減ってきているという声も聞こえてきますが、読書は新しい知識を吸収できるだけでなく、多角的な視点や理論的思考力、表現力などを養ううえでも非常に効果的な手段です。できる限り多くの本を読んで人生を豊かにしたいものです。さて、今回はワークポートをご利用の皆様に「ビジ

2016年2月24日ワークポートフィードバック数:0エンタテインメント

仕事の上司にしたい有名人は誰ですか?【男性編】

Q.093仕事の上司にしたい有名人は誰ですか?(男性編) ※横にスクロールできます。・自由だが締めるところは締めるイメージ。 ・一見軽そうだが、色々なコメントを聞いていると的確なことを仰っているので信頼できそう。 ・趣味が多く、ユニークな案を出してくれそう。以外とマネージメントが上手く、人の管理、人を惹きつける魅力を持っていると思う。 ・思ってみない発想と出会えそう。 ・自由に仕事をさせてくれつつ、指示はしっかりとしてくれそう。嫌味なくダメだししてくれそうなところ。 ・博識!上司だったら大いに

2016年2月5日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

究極の選択です。どちらを採用したいですか?

Q.037究極の選択です。どちらを採用したいですか? 究極の二択ならば、「スキルはないが、コミュニケーション能力は抜群」に軍配! 面接などで重視されるポイントとして、よく「コミュニケーション能力」と「スキル」が挙がります。どちらが大切なのかは甲乙つけがたいですが、「a.スキルはないが、コミュニケーション能力は抜群」or「b.スキルは高いが、コミュニケーション能力がイマイチ」・・・という“究極の選択”だった場合、どちらに軍配が上がるのでしょうか? 今回の調査の結果、「a.スキルはないが、コミュニ

2016年1月26日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

将来のキャリアに不安を感じることがありますか?

Q.090将来のキャリアに不安を感じることがありますか? 約8割もの人がキャリアに不安を感じている! 年代ごとの不安の傾向も明らかに 5年後10年後…、皆さんは自分自身のキャリアにどのような思いを抱いていますか?期待が大きいでしょうか、それとも不安が大きいでしょうか。今回のアンケートでは、自分自身の将来のキャリアに不安を感じている人がどれくらいいるのかを調べてみました。調査の結果、なんと約8割もの人が「不安を感じることがある」と答えました。理由はさまざまですが、年代別に“不安の傾向”が見えたの

2015年11月25日ワークポート★フィードバック数:0キャリアとスキル

異業界、異業種からの人材採用に積極的ですか?

Q.035異業界、異業種からの人材採用に積極的ですか? 結果は五分五分 いずれも人材不足の課題が背景に キャリアチェンジのための転職を希望する人にとっては、異業界・異業種からの人材がどの程度受け入れられるのか気になるところ。そこで今回はさまざまな企業の採用担当者に「異業界、異業種からの人材採用に積極的か?」という質問をぶつけてみました。 調査の結果「積極的だ」との回答が51%、「積極的でない」との回答は49%と、ほぼ半分に意見が分かれました。積極的だと答えた採用担当者の意見を見てみると、「若手

2015年6月2日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

社会人になって「学生の時にやっておけばよかった」と思うアルバイトは何ですか?

Q.060「学生の時にやっておけばよかった」と思うアルバイトは何ですか? ・ディズニーランドのキャスト…「プロ」としての意識や働くにあったって必要な知識を沢山学べそう。・カフェでの接客…忙しい時間に臨機応変に対応するスキルが身に付きそうだから。・ファミリーレストラン…お客様に対しての接客を通じて会話する力を身に付けるため。・販売系の仕事…世の中には様々な人がいることを知ることができそうだから。・飲食業…対人関係だけでなく、料理のスキルも身に付きそうだから。・コンビニやスパーの店員…今後主婦にな

2014年11月14日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか?

Q.035「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」をご存知ですか? 認知度は3割程度 長時間労働の増加を懸念して反対する人も ホワイトカラー労働者を対象に労働時間規制の適用を外し、働いた時間に関係なく成果に対して賃金を支払うという「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」。日本では2006年に導入が検討されましたが、長時間労働を助長するということで一旦頓挫しました。今年に入り、第二次安倍内閣が再度導入を検討しているものの、実現の兆しは見えていません。そんな現状もあり、この制度について「知っている

2014年10月30日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

内定から入社まで、最長でどのくらいの期間待てますか?

Q.024内定から入社まで、最長でどのくらいの期間待てますか? 企業の状況によるものの、「2~3ヵ月」が最多 入社時期の相談は慎重に! 調査の結果、約半数の採用担当者が「2~3ヵ月」と答えました。多くの企業は1年を3ヵ月ごとに区切っているからか、「3ヵ月を超えると会社の採用ニーズや事業計画が変わる可能性があるため」などの理由が目立ちました。他には「退職交渉や引継ぎ、有給消化の期間を考慮している。円満退職して欲しいから」という意見も見受けられました。また、次に多かったのが「半年」という回答。理由

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ