「CEO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年12月13日アイティメディアフィードバック数:0ビジネス

Google、Microsoft、Adobe、IBM、Twitter なぜインド出身CEOはイケてるTech企業を導くのか?

日常的に慣れ親しんでいる製品やサービスを提供している企業のCEO(最高経営責任者)の顔を、皆さんは思い浮かべることはできますか? また、その出身地について意識したことはあるでしょうか。 つい先日、Twitterの創業者であるジャック・ドーシー氏がCEOから身を引き、CTO(最高技術責任者)を務めてきたパラグ・アグラワル氏が新たに就任したことが話題になりました。Twitterは、ハイテク企業の時価総額としては比較的小規模ですが、ソーシャルネットワークにおける社会的影響力は疑いの余地がありません。今

2021年5月13日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

Gartner、大半のCEOは「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測しているとの調査結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 Gartner、大半のCEOは「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測しているとの調査結果を発表 CEOの3分の1以上は、2021年の売り上げは2019年の水準まで回復するか、それ以上になると予測 米国コネチカット州スタンフ

第23回世界CEO意識調査

世界経済の成長見通しに対するCEOの悲観的見方が記録的水準まで増加 世界の全地域において、CEOは経済成長の鈍化を予測自社の売上成長への自信は2009年以来の最低水準脅威のトップ3は、不透明な経済成長見通し、過剰な規制、貿易摩擦2020年1月21日PwC Japanグループ ※本プレスリリースは、2020年1月21日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。2020年1月20日ダボス(スイス)‐新たな10年を迎える中、世界経済

「第21回世界CEO意識調査」日本調査結果

PwC Japan、「第21回世界CEO意識調査」の日本調査結果を発表 今後12カ月の成長への自信は回復するも、デジタル人材戦略など中期的な課題が明らかに以下は、日本のCEOに見られた主な傾向今後12カ月の世界経済の見通しおよび自社の成長に対する自信は、世界のCEOと同様に大幅に上昇自社の成長において重要な国は、米国、中国が上位を占め、両国への集中傾向が強まっている成長への施策としてM&Aを活用する日本のCEOが増加しているものの、依然として米国との差が大きいデジタル人材の獲得を懸念する

2017年6月28日KPMGフィードバック数:0ビジネス

破壊、そして成長へ - グローバルCEO調査2017 日本の特徴

Myページ会員に登録すると、あなたの興味・関心のあるテーマのコンテンツが表示されるほか、お気に入りの記事をライブラリに保存できます。 KPMGジャパンのプライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 オンライン・プライバシー・ステートメントが更新されました。 プライバシーポリシーが更新されました。最新のプライバシーポリシーをご確認ください。 破壊、そして成長へ - グローバルCEO調査2017 日本の特徴 破壊、そして成

グローバル投資家調査

PwC、グローバル投資家調査を発表‐経済成長への投資家の信頼感は回復するも、企業行動が顧客の期待から乖離していることへの警鐘は止まず 世界経済の見通しを楽観視する投資家の割合は、この12カ月間で2倍以上に拡大2017年3月17日PwC Japanグループ※本プレスリリースは、PwCが2017年2月27日に発表したプレスリリースを翻訳し、文末にPwC Japanグループ代表のコメントを追記したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。PwCは、550名を超える世界

JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016

2016/09/28 21:35「日本を動かす経営者」を表彰、JAPAN’s CEO OF THE YEAR 2016開催世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版 [上段左から]ティム・ファーガソン(Forbes ASIA)、手代木 功(塩野義製薬)、家次 恒(シスメックス)、玉川 憲(ソラコム)、東 憲児(スパイバー) [下段左から]高野 真(Forbes JAPAN)、西川 徹(プリファード・ネットワークス)、渡邉光一郎(第一生命保険)、三木谷浩史(楽天)、ウィリアム・アダモポロス

CEO対象の調査です。

人材マネジメント戦略への挑戦-従来にない卓越した指導力が求められる時代-

人材マネジメント戦略への挑戦‐従来にない卓越した指導力が求められる時代‐ PwC「第16回世界CEO意識調査」は、世界の企業のリーダーがこれまで同様に困難な市場の状況に直面していることを明らかにしました。向こう1年で世界経済が改善すると予想するCEOは5人に1人に過ぎず、70%のCEOがコスト削減を決意しています。市場間の差が顕著になる中で、CEOは、成長の速度が異なる世界市場の舵取りをしていかねばならず、人材の需給マッチに常に頭を悩ませています。そればかりでなく、あたかも彼らの取り組み

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ