「Fed」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第185回日本経済予測(改訂版)「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP二次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+2.0%(前回:同+1.7%)、2016年度が同+1.9%

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第185回日本経済予測

トップレポート・コラム経済分析経済予測第185回日本経済予測 ここから本文です第185回日本経済予測「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?~日米欧3極の非伝統的金融政策の効果を検証する~リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー:2015年1-3月期GDP一次速報の発表を受けて、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2015年度が前年度比+1.7%(前回:同+1.9%)、2016年度が同+1.8%(同:同+1.8%)

2015年5月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は? ここから本文です日本経済見通し:7年10ヶ月ぶりの円安が日本経済に与える影響は?「FED vs. ECB」の軍配はどちらに?リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 小林 俊介 サマリー◆7年10ヶ月振りの円安が日本経済に与える影響は?:為替市場で円安が加速している。5月26日の外国為替市場において、円相場は対ドルで7年10ヶ月ぶりの安値をつけた。

2015年2月11日大和総研★★フィードバック数:0社会/政治

大和総研のレポートです。

今後10年の世界経済

トップレポート・コラム経済分析経済予測今後10年の世界経済 ここから本文です今後10年の世界経済日本経済中期予測(2015年2月)1章サマリー◆今後10年間(2015~24年)の世界経済の平均成長率は3.3%と予測する。◆米国経済は今後10年間で平均2.4%と見込む一方、欧州経済は1.3%にとどまる。◆Fedは2015年Q4から利上げを開始し、引き締めペースは従来よりも緩やかになろう。ただ、日欧の金融緩和が継続している状況下、Fedの政策変更がもたらす影響は増幅される可能性がある。◆デフレ懸念に

2014年12月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

【解説 1票差の採決】非伝統的手段による金融政策の課題-日銀とFedの比較考察

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性 ここから本文です新興国マンスリー(2014年10月)米国頼みの持続可能性~ドル高には効用も~サマリー◆先進国・地域の景況感のばらつきが目立っており、それは各国・地域の投資率の強弱に対応している。特にユーロ圏の投資停滞が顕著であり、世界経済は一段と米国頼み的状況が強まりつつある。現在のところ、新興国の景況感の強弱も、米国との距離感などから決まっているが、米国頼みの持続性に危うさが見え始めている。◆一方、最

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今後10年の日本経済を読む10の勘所

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の日本経済を読む10の勘所日本経済中期予測(2014年8月)1章 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制さ

2014年3月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

住宅価格上昇への対処と中央銀行のVIEW ~FED VIEWとBIS VIEW ~

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner>

米国経済(月次)予測(2013年12月)<Fed’s economists have already painted themselves into a corner> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年5月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討

トップレポート・コラム経済分析米国QE3の縮小は時期尚早ながら本格検討 ここから本文ですQE3の縮小は時期尚早ながら本格検討4月30日~5月1日開催のFOMC議事録とバーナンキ議長の議会証言サマリー◆4月30日~5月1日開催のFOMCでは金融政策が維持された。当該FOMCの議事録が公表され、Fedメンバーにおいて次回6月のFOMCから資産買い入れ規模の縮小・停止を求める声も一部でみられた。◆足下で警戒感は弱いものの、ディスインフレ傾向が鮮明になっている。さらにインフレ率の伸びが鈍化すれば、労働市

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ