「IPO」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年12月16日オロフィードバック数:0社会/政治

withコロナ時代、“不確実性ショック”がもたらすIPO実現への『新7つの壁』

withコロナ時代、“不確実性ショック”がもたらすIPO実現への『新7つの壁』 オロ、IPOに関する意識調査を実施 株式会社オロ(本社:東京都目黒区、代表取締役社⻑:川田 篤、以下「オロ」)は、IPOに関心がある未上場企業の会社経営者・役員355名に対して、コロナ禍におけるIPOに関する意識調査を実施しました。 【コロナ禍における”不確実性ショック”がもたらすIPO実現への『新・7つの壁』】1. 上場トレンド(審査ポイント)の変化への適用 83.9%2. リスクマネジメントの強化 83.9%3

2020年12月16日FUNDBOOKフィードバック数:0ビジネス

コロナ禍における経営者のイグジット戦略に関する実態調査

【コロナ禍における経営者のイグジット戦略に関する実態調査】 IPOを目指す若手経営者の4割が「M&A」も検討、コロナ禍でIPO一択トレンドに変化2020/11/26〜20〜30代経営者の6割がM&A後にIPOを目指す「二段階イグジット」に関心あり〜株式会社FUNDBOOK(本社:東京都港区、代表取締役CEO:畑野幸治、読み:ファンドブック、以下「当社」)は、この度、未上場企業の経営者で、IPOに関心をもつ20代から60代までの男女442名を対象に、コロナ禍におけるイグジット戦略に関する実態調査を

調査結果 国内スタートアップ資金調達ランキング

国内スタートアップ資金調達ランキング(2020年1〜3月)2020年初となる100億円の資金調達を成功、VPP Japanが首位に電力コストの経営課題を解決する次世代サービス「オフグリッド電力サービス」を提供するが総額100億円の資金調達に成功し、2020年3月時点の資金調達金額ランキングでは首位となった。をエージェントとしたシンジケートローンによる総額100億円の資金を調達。同時に、を引受先とした第三者割当増資による資本業務提携を実施(出資額および出資比率は非公表)。2021年までに国内の流通

2017年5月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)

2017/4/27新規株式上場(IPO)意向調査(2017年)IPOの目的、「社内管理体制の強化」「売り上げの拡大」の割合が浮上〜 企業所在地は「東京」が4割で最多も地方企業の割合増加 〜はじめに2016年11月の米大統領選でドナルド・トランプ氏が当選すると、減税や財政出動、インフラ投資の拡大といった同氏の経済政策への期待からドル高が進んだ。相対的に円安となったことで国内株式市場も上向き、2017年に入ってからも堅調に推移している。そのため2017年のIPOは、前年のLINE、九州旅客鉄道(JR

2016年8月12日zuuonline★フィードバック数:0キャリアとスキル

IPO長者番付「巨額の冨」を手にした経営者トップ10(2015年版)

2015年に新規株式公開した企業92社のうち、約9割が公開価格を上回わる初値をつけた。全般的に小型化傾向が見られたが、これらの上場でIPO長者も出てきている。「2015年IPO長者番付」として、上位10人を紹介しよう。なお、ランキングは普通株を対象とし、特殊ケースと見られる日本郵政3社は除外している。第10位 サンバイオ 代表取締役社長 森 敬太氏 約103億円1967年6月生まれの森氏は、キリンビール( キリンHD )のビール事業研究開発部門に入社、2001年に米国でSanBio,Inc.

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0ビジネス

シリコンバレー流、日本上陸 議決権種類株式(Dual class structure)を用いたIPO

トップレポート・コラムコンサルティングレポートコーポレートガバナンスシリコンバレー流、日本上陸 議決権種類株式(Dual class structure)を用いたIPO ここから本文ですシリコンバレー流、日本上陸 議決権種類株式(Dual class structure)を用いたIPOアリババ、マンUは、なぜニューヨークに上場したのか?サマリー◆Google、Facebook、LinkedIn、日本でもお馴染みのウェブサービスを手掛ける米国企業である。これら企業には、本社をシリコンバレーに構えて

2015年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス

未上場企業によるIPOの動機と上場後の企業パフォーマンス 細野 薫(学習院大学) /滝澤 美帆(東洋大学) 概要本稿では、1990年代後半以降の日本企業を対象として、非上場企業のIPO(新規株式公開)による資金調達の決定要因、および、資金調達後の企業パフォーマンスを分析した。この結果、規模、ROA、全要素生産性(TFP)が高く、負債比率および費用比率が低い企業はIPOをする確率が高いこと、また、IPOをした企業は、その後、非IPO企業に比べて、設備投資比率、研究開発費比率、ROA、TFP、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ