「IoT」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年10月1日アイティメディアフィードバック数:0マーケティング

新作iPhoneがもうバズらなくなっている話

誕生から14年を迎えたAppleのiPhone。毎年9月になると「そろそろ新作の発表があるのかな……」とそわそわする人もいるかもしれません。かつては新作発売日にアップルストアの店頭にできる行列が一つの風物詩でしたが、いまではコロナ対策の観点から来店は完全予約制となり、静かな発売日がニューノーマルとなっています。 2021年9月15日に発表、24日に発売されたのはiPhone 13シリーズの4モデルです。AppleのiPhone発表に関しては、数カ月にもわたるうわさやリーク情報、臆測、マニアックな

2021年3月22日メイテックフィードバック数:0キャリアとスキル

7.4%のエンジニアが今後「複数分野の専門知識が必要になると思う」と回答

77.4%のエンジニアが今後「複数分野の専門知識が必要になると思う」と回答。DX推進やIT人材需要増がキャリア構築のキーワードに 【専門分野以外の知識、技術習得に関するエンジニア800人意識調査】 エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、20~59歳のエンジニア800人を対象に、「専門分野以外の知識、技術習得」に関するアンケート調査を行いました。 【ポイント】◇エンジニアの8割が自身の専門分野以外の知識や経験が「必要になったことがある」と回答◇自身の専門

2020年3月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期の攻撃トラフィックレポート

ランサムウェアの悪質化が顕著に、エフセキュアが2019年下半期の攻撃トラフィックレポートを発表~増加するIoTデバイスに対する攻撃は継続傾向に~ 先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア) は、2019年下半期 (7月~12月) における攻撃トラフィックに関する調査レポートを発表しました。同期間においては、ランサムウェアの悪質化、感染

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10 【2019年12月18日】外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、ヘイズのコンサルタントへの調査や転職実績動向を踏まえて2020年の国内転職市場における10大トレンドを発表しました。キャッシュレス決済増加の流れを受け、Web/モバイル開発者、の需要が急増モバイル決済技術の導入が2020年の

2019年度Media in Mindデジタルメディア調査

IPG メディアブランズのデジタルメディア調査Media in Mindの結果、“2030年に実現・普及が期待される技術”トップ3は「ナノテクノロジー」「iPS細胞、ゲノム編集」「介護ロボット」 2019年度Media in Mindデジタルメディア調査では、第四次産業革命まっただ中と言われる現代において、10年後の2030年には、私たちの生活が大きく変わることが予想される中、通常のデジタルメディアの利用に関してだけでなく、生活者はどのような新しい技術に期待をしているのかを聴取いたしました。

2019年1月10日MMDLaboフィードバック数:0マーケティング

「モノ・コト」インターネットがもたらすライフスタイルの変化日本におけるIoT意識調査

スマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開 会員登録をすると、調査結果の詳しいファイルを ダウンロードできます。 トップページ調査データ端末家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」。「エアコンのon/offや消し忘れの通知」、「鍵関連」は外出先で行いたい家電のIoT操作の利用経験は2%に満たない。生活に取り入れたいIoTは「荷物の到着日の変更」、「エア

2018年11月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査

20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超 お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超約6割が、「お一人様とわかるようにSNSへ投稿」調査結果サマリー20代、30代が、お一人様消費をするとき、SNS投稿するのは3割超20代、30代において、一人で飲食店や施設を利用することに「抵抗感を抱かない」人の割合は、男性が65.9%、女性50.9%でした※1。また、何らかのSNSを利用している人のうち、直近1年以内に一人

2018年8月24日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

知らなきゃ恥ずかしい!?「就活用語」ランキング

就活生の間で最も流行した就活用語は「ガクチカ」!知らなきゃ恥ずかしい!?「就活用語」ランキング ~ 「2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」 ~ 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2019年卒業予定の学生を対象とした「2019年卒マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況」の結果を発表しました。その中から、特別調査した「就活生の間で流行した『就活用語』ランキング」と「就職活動に影響したニュースワードランキング」をご紹介します。 ーーーーー

民泊運営事業者向け意識調査結果

トップ > ニュースリリース一覧 > 楽天コミュニケーションズ、民泊運営事業者向け意識調査結果を発表 - 騒音問題など近所とのトラブルを懸念する声が最多 - ニュースリリース 楽天コミュニケーションズ、民泊運営事業者向け意識調査結果を発表 - 騒音問題など近所とのトラブルを懸念する声が最多 -2018年6月13日楽天コミュニケーションズ株式会社楽天グループの通信会社である楽天コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:平井 康文、以下「楽天コミュニケーションズ」)

2018年6月7日レオパレス21フィードバック数:0ライフスタイル

「若手社会人のひとり暮らし」に関する意識・実態調査

-2018年「若手社会人のひとり暮らし」に関する意識・実態調査- 〜「IoT×ひとり暮らし」が今後のトレンド!?~ ひとり暮らしの約半数が『IoT化された賃貸住宅に住みたい』と回答~AIスピーカーの音声アシスタントの声をお願いしたい芸能人~ 男性1位は『高橋一生さん』、『玉木宏さん』、『福山雅治さん』が同票で1位!女性は1位は『広瀬すずさん』! 株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、社長:深山英世、以下レオパレス21)は、全国のひとり暮らしをしている入社5年目までの社会人男女計600名を対

2018年4月17日EMCジャパン★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年に顕著となるサイバー犯罪は?

2018年に顕著となるサイバー犯罪は? 米RSAは、オンラインで提供される様々なサービスとその顧客を標的にしたサイバー犯罪の傾向から、今後、顕著になると予測した事象をホワイトペーパー「2018年のサイバー犯罪の現状」にまとめました。 2年前にClickable economy(クリック経済:インターネットによる経済活動)と表現した前回の調査から、現在はスワイプ経済ともいえるほど、バンキングサービスやEコマースの中心はモバイルチャネルに移行しつつあります。サービス提供者は技術革新を取り入れ、使

2018年2月19日日経BP★★フィードバック数:0企業情報システム

企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~

レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ 企業の2018年ITの最重

特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 特養老人ホームの 「見守り機器」 ニーズ調査 −調査結果−• ベッド周辺の離床・転落センサは84%の施設で導入• 未導入だが必要性を強く感じる機器トップ3は、①居室・トイレ内の転倒検知センサ②移動・位置による徘徊検知センサ③排尿・排泄検知センサ 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、特別養護老人ホームの見守り機器のニーズ関する調査を行い、このほどその結

2018年1月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測

Skip to Content2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測 1970年代、アメージング・クレスキンは未来が見える不思議な能力で観衆を沸かせました。彼は暗示を用いることで予測をしていたといわれます。クレスキンは自身を超能力者と呼ばず、エンターテイナーとして振る舞いましたが、彼の予測はよく当たりました。 私たちも、できるだけ努力してクレスキンのように、2018年のサイバーセキュリティ状況を予測してみようと思います。私たちの経験と市場への知見を駆使し、来年起こるであろう10項

2018年1月15日ITRフィードバック数:0デジタル家電

インターネット分離市場規模推移および予測

公共・公益での導入が急増し、2016年度市場は63.6%増2017年度は企業にも広がりさらなる高成長ITRがインターネット分離市場規模推移および予測を発表 2017年12月7日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のインターネット分離市場規模推移および予測を発表します。 国内インターネット分離市場の2016年度の売上金額は33.7億円、前年度比63.6%増と大幅

2017年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内企業のIT投資に関する調査を実施(2017年) ~進むデジタライゼーション 4割超の企業でIT活用の割合が増加と回答~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~10月2.調査対象:国内の企業、公的団体・機関等3.調査方法:民間企業、および公的団体・機関等に対する郵送アンケート、および文献調査併用<本調査における国内民間企業のIT投資市場

2017年12月18日IPAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

組込みソフトウェア開発データ白書2017

「組込みソフトウェア開発データ白書2017」を発行~416件の実データを基に、製品特性の違いによる生産性・信頼性指標の傾向分析結果を公開~ 2017年11月15日更新2017年11月14日公開独立行政法人情報処理推進機構技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(以下、IPA/SEC)は2017年11月15日、「組込みソフトウェア開発データ白書2017」を発行しました。同書は、定量データに基づいてソフトウェアを管理することの推

2017年11月17日Verizonフィードバック数:0企業情報システム

2018年にエンタープライズITの変革を推進する7つのテクノロジートレンド Verizon

[] ベライゾンジャパン合同会社(東京都千代田区、執行役員社長:藤井一弘、以下「ベライゾン」)は、本日2018年エンタープライズITの変革を牽引すると予想される7つのテクノロジートレンドを発表しました。2018年は、グローバル企業や政府機関が、テクノロジーの活用によって顧客への対応を向上させ、競争力を高め、市場における差別化を加速させることに注力するなど、まさに変革の年となります。ソフトウェア・デファインド・ネットワーク(SDN)やモノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)などここ数年のう

2017年10月18日■■■富士経済フィードバック数:0ビジネス

次世代物流システム・サービスの市場を調査

次世代物流システム・サービスの市場を調査−2025年市場予測(2016年比)−宅配ボックス255億円(4.0倍)、AI音声認識活用物流システム77億円(5.9倍)総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、ロボティクスやAI、IoTの活用により、物流業務の機械化・自動化が進められている物流ビジネス関連システムおよびサービスの市場を調査した。その結果を報告書「次世代物流ビジネス・システムの実態と将来展望 2017」にまとめた。 この報告書では次世代物

2017年10月16日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2018

国内企業の3割超がIT予算を増額AI/機械学習、IoTへの新規投資意欲が拡大― ITRが「IT投資動向調査2018」の結果を発表 ― 2017年10月5日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、2017年8月から9月にかけて実施したIT投資動向調査の一部結果を発表いたします。本調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向や製品・サービスの投資意欲の動向の変化に加え、企業が昨今抱えている課題について推進役を

2017年10月9日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年上半期セキュリティラウンドアップ

Trend Labs 2017年上半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2017年1月~6月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・脆弱性を利用したワーム活動で大きな被害、「WannaCry」が残した教訓・国内ネットバンキングを狙う新たな動きを顕在化させた「URSNIF」と「RAMNIT」・ランサムウェア「多様化」の傾向が日本にも流入・6ヵ月間で240万件の重要情報を侵害した「公開サーバへの攻撃」・IT発展の裏側で未成年者の

2017年8月1日arm Communityフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

What people think about AI will surprise you

GroupsArm ResearchDesignStartEducation HubInnovationOpen Source Software and PlatformsForumsAI and ML forumArchitectures and Processors forumArm Development Platforms forumArm Development Studio forumArm Virtual Hardware forumAutomotive forumCompiler

2017年7月26日all engineer.jpフィードバック数:0キャリアとスキル

製造業エンジニア、77.0%は「技術職として生涯働きたい」

製造業エンジニア、77.0%は「技術職として生涯働きたい」~技術職を選んだ理由、30代以上は「好き」「憧れ」、20代は「手に職」「安定」が動機に~ポイント「手に職」「安定」で技術職を選んだ若手、「好き」「憧れ」で選んだ先輩エンジニア希望する製品・サービス分野は「自動車」「半導体」「IoT」20代社会人、2人に1人が働けるのは「60歳まで」と考えていた技術職で生涯働き続けるために必要なのは「最新技術への興味」「柔軟性」調査概要エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジ

2017年7月24日ITRフィードバック数:0企業情報システム

SaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測

2016年度のSaaS型IDM/IAM市場は30.9%増と高成長、2021年度にかけて2ケタ成長を維持ITRがSaaS型IDM/IAM市場規模推移および予測を発表 2017年7月13日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSaaS型IDM/IAM*市場規模推移および予測を発表します。 *IDM/IAM:Identity Management/Identity &

2017年6月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2017年) ~スマートフォン連携、IoT活用等、コミュニケーションツールとしての需要が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のデジタルサイネージ市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年2月~5月2.調査対象:デジタルサイネージシステム関連事業者、広告会社、ハウスエージェンシー、媒体社等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならび

2017年6月12日IIJフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度 IIJ新入社員にアンケート

2017年度 IIJ新入社員にアンケート2017年05月31日 水曜日広報部所属。いわゆるWeb担。食べることと泳ぐこととゲームが趣味です。 広報部のj-yamaguchiです。当ブログでは裏方に徹しているのですが、4月に新入社員が入社したこともあり、今回はこの場にフレッシュな空気を取り込んでみようと思いまして、彼ら・彼女らに独自アンケートを行いました。# 私は非フレッシュです。【Q.1】学んできたり、得意な技術や分野はなんですか?【A.1】プログラミングセキュリティネットワーク仮想化基盤画像処

2017年5月14日IPA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査

組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査結果を公開 2017年5月2日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター(以下、IPA/SEC)は、組込みソフトウェア産業の動向把握等に関する調査結果を公開しました。調査の背景と狙い IoT(Internet of Things)時代の到来により、デバイス、家電、自動車、工場の設備といった社会環境を構成するシステムが、ネットワークに接続され、利用

2017年4月29日トロンフィードバック数:0企業情報システム

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ

組込みシステムに組み込んだOSのAPIでトロン系OSが60%のシェアを達成し21年連続の利用実績トップ- IoT関連機器の組込みOSのAPIでも、TRON系OSがトップ - 〒141-0031東京都品川区西五反田2-12-3 第一誠実ビル9FYRPユビキタス・ネットワーキング研究所内TEL:03-5437-0572(窓口)FAX:03-5437-2399(窓口)E-Mail:office@tron.org

2017年4月26日富士通★★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル革新の動向・実態調査

ホーム >プレスリリース >世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施 PRESS RELEASE 2017年4月18日富士通株式会社世界15カ国のビジネス・リーダーを対象としたデジタル革新の動向・実態調査を実施デジタル革新の取り組みのうち34%において、売上向上などの成果を確認当社は、世界的なデジタル革新の動向・実態の調査を目的に、世界15カ国の経営層およびそれに準ずる意思決定者(ビジネス・リーダー)1,614名を対象として実施した「グローバル・デジタル革

2017年4月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています デジタルイノベーション動向に関する法人アンケート調査を実施(2017年) ~産業用IoTプラットフォームはさまざまな業種・業界をカバーし、4つのタイプに分類される~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて、デジタルイノベーションに対する意識やその動向について、国内の民間企業等に対し、法人アンケート調査を実施した。1.調査期間:2016年7月~2017年3月2.調査対象:国内の民間企業等551社、およびIoTプラットフォーム提供事

日本の農業、5年でどう変わった?

人手不足や高齢化による「日本の農業の未来」が危惧される一方で、農業に新たに参加する人の数は近年増加傾向にあり、小売チェーンや私鉄、銀行などの他業界企業が農業ビジネスに参入しています。いま、日本の農業はどんな状況なのでしょうか。農林水産統計部が提供する最近5年間のデータをまとめてみると、意外な一面も見えてきました!意外とIT化が進んでいる!と感じた方も多いのではないでしょうか。データをみると、確かに農業人口や耕作地の減少といった傾向はあります。しかし、IT導入に抵抗の少ない若い世代の農業従事者や法

2017年4月12日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内M2M市場に関する調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 国内M2M市場に関する調査を実施(2017年) ~M2Mは利用分野の拡大で需要が増加、IoTビジネスも大きく伸長の見通し~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のM2M市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年12月~2017年3月2.調査対象:国内外のIT事業者、SIer、通信事業者(キャリア)、MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)、プラットフォームベンダー

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

2017.01.26マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散 【カリフォルニア州サンマテオ - 2017年1月12日(米国本社リリース抄訳)】エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo(本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は、本

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

情報セキュリティ10大脅威 2017 最終更新日:2017年5月30日職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者などからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。資料は、下記の3章構成となっています。第1章 情報セキュリティ

2017年2月10日インプレス★★フィードバック数:0マーケティング

インターネット白書2016

小売希望価格:電子書籍版 2,000円(税別)印刷書籍版 3,200円(税別)B5判/モノクロ/本文344ページ(印刷書籍版)発行日:2016年1月29日ISBN:978-4-8020-9069-8巻頭1-1 メディアとアプリケーション1-2 広告とマーケティング1-3 Eコマースとファイナンス1-4 クラウド/データセンター事業者1-5 VC投資1-6 ビジネス関連統計資料2-1 国内通信事業者2-2 海外通信事業者2-3 通信行政と業界改革2-4 通信関連統計資料3-1 ドメイン名3-2 I

2017年2月8日日経BPフィードバック数:0モバイル

携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査 2017

レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ 「DX時代のモバイル“法人

2017年2月6日ガートナーフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Worldwide Semiconductor Revenue Forecast to Grow 7.2 Percent in 2017

Worldwide semiconductor revenue is forecast to total $364.1 billion in 2017, an increase of 7.2 percent from 2016, according to Gartner, Inc. This represents a complete turnaround for the semiconductor industry as the market experienced 1.5 percent g

2017年2月2日インプレスR&D★★フィードバック数:0ライフスタイル

『インターネット白書2017』

インターネット白書2017 IoTが生み出す新たなリアル市場編者:インターネット白書編集委員会AI、ブロックチェーン、VR、ドローン、コネクテッドカー、5G、LPWAほか、 インターネットによる真の産業変革はこれから始まる! 「The Internet for Everything」を掲げ、インターネットによる技術・ビジネス・社会の変革を伝える業界定番の年鑑。21年目を迎える2017年版は36人の専門家が寄稿。LPWAと5Gという、2つの通信のイノベーションや、AI、ブロックチェーン、VR、コネ

2017年1月17日ノークリサーチ★★フィードバック数:0企業情報システム

2017年中堅・中小企業におけるIT活用の展望その1:業務システム/IoT/RPA編

2017年中堅・中小企業におけるIT活用の展望その1:業務システム/IoT/RPA編

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

2020年12月25日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 2020年は、新型コロナ ウイルス感染症(COVID-19)が爆発的に世界に広まり、パンデミックとなって 8000万人の感染者と 170万人を超える死者を出し、世界経済や市民生活、さらには世界の政治体制にも大きな影響を及ぼした一年であった。このパンデミックは、まだ収束するに至らず現在進行形でさらに大きな被害をもたらすと、WHOや各国政府からたびたび警告が発せられ、ロックダウンなどの措置も引き続きあちこちで検討されている

2017年1月8日アイティメディアフィードバック数:0企業情報システム

会員が注目した2016年記事ランキング(データ分析編)

関連キーワードExcel | BI(ビジネスインテリジェンス) | ビッグデータ | データ分析 | Hadoop | IoT(Internet of Things) | 機械学習 TechTargetジャパン2016年アクセスランキング トップ10(データ分析編)» 2016年1月1日〜2016年11月30日“Excelの兄”ともいえる分析ツール「Power BI」の成長が止まらない実践で分かった、“脱Excel”でどれだけ仕事のスピードは上がるのか?誰でも使える「機械学習」があらゆるビジネス

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、 機械学習やIoTなどのデジタル技術が 公共サービス機関の変革に貢献 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サー

2016年12月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 次世代型モニタリングの可能性調査を実施(2016年) ~IoT関連テクノロジーを活用した次世代型モニタリングは、テスト導入から普及段階へ~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の次世代型モニタリングの可能性調査を実施した。1.調査期間:2016年8月~11月2.調査対象分野:ITベンダー、ユーザ企業・団体(地方自治体・公共団体、各種製造業、建設業、運輸・倉庫業、サービス業等)3.調査方法:電話調査を主体に、一部弊社専門調査

2016年12月12日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

Technologyと2030年の「働く」

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所Technologyと2030年の「働く」 IoT、AI、ロボティクス…テクノロジーの進化は、私たちの仕事を奪うのか?それとも新たな仕事を生み、発展的なキャリア形成を可能にするのか?テクノロジーとともに生き生きと働ける2030年を目指し、数値シミュレーションを踏まえ、新しいワークモデルを提示する。 報告書・論文プロジェクトリーダープロジェクトメンバー大久保幸夫(所長)中尾隆一郎(主幹研究員)久米功一(主任研究員/主任アナリスト)戸田

2016年12月8日日立製作所フィードバック数:0マーケティング

第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

このニュースリリース記載の情報(製品価格、製品仕様、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。 2016年12月2日株式会社日立製作所株式会社博報堂「第三回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を実施パーソナルデータの利活用に関する生活者の意識変化をとらえるとともに、新たにIoTや人工知能などの最新技術

2016年12月6日CompTIA★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「Tech on the Horizon: From VR to Bots」(近未来のテクノロジー:VRからBotへ)

[] CompTIA日本支局(所在地:東京都千代田区三崎町3-4-9 水道橋MSビル7F)は、導入前の段階にあるテクノロジーの検証をまとめた調査レポート「Tech on the Horizon: From VR to Bots(近未来のテクノロジー:VR からBot へ)」を11月7日(月) に発表いたしました。調査の中では、一般的に振興テクノロジー(AI、ロボット、IoTなど)の発展は雇用喪失につながるのではないかと危惧されておりますが、ITリテラシーの高いプロフェッショナルとエグゼクティブた

2016年11月30日エスキュービズム★フィードバック数:0企業情報システム

IoTに関する行動・意識調査

IoTに関する行動・意識調査結果~6割が「IoTという言葉は流行語」、各社の取り組み状況、2年後の予想等~株式会社エスキュービズム(本社:東京都港区、代表取締役社長 薮崎 敬祐(やぶさき たかひろ)、)は、10月18日に開催されました「S-cubism IoT conference」(https://usable-iot.com/iotconference/)において、来場者約680名にIoTへの取り組みについてアンケートを行いました。【結果の概要】IoTに取り組みの状況は?実際にIoTに取り組

2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

ホームページ » Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加 Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加調査に対し500名を超えるITセキュリティプロフェッショナルが回答「セキュリティアップデートの随時適用は、どの組織においてもリスクを低減するための最も効果的な方法です。しかし、いまだに多くの企業の課題となっています。導入されるデバイスの多様化が進むにつれ、アップデートの入手や管理はさらに難しくなります。組織はインシ

2016年10月20日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向調査2017

国内企業のIT予算は堅調に増加 AI、IoTなどの新技術に対する投資意欲も拡大 ― ITRが「IT投資動向調査2017」の結果を発表 ―2016年10月19日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2016年8月から9月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を発表いたします。 2001年の調査開始から16回目を数える今回の調査では、従来から定点観測しているIT予算の増減傾向、重視するIT戦略などに加えて、全110項目に

2016年9月21日FFRIフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」

Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」 Black Hat USA は世界最大級のセキュリティカンファレンスです。その発表内容は高度で新規性が高い脅威実証や防御技術が中心でした。多くの研究発表の中からFFRIリサーチャーが注目した研究発表を紹介します。FFRIリサーチャーが注目した研究発表CANSPY: A Platform For Auditing CAN Devices CANバスに対しMITM攻撃を仕掛けることにより監視を行うツールC

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ