「Kaspersky Lab」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年6月5日カスペルスキーフィードバック数:0企業情報システム

Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1

<Kaspersky Labレポート:企業内のデータ管理に関するグローバル意識調査-1>無秩序に増加する、管理されていないデジタルデータがセキュリティ上のリスクに 世界14か国の企業に勤務する7,000人を対象に、企業内のデータ管理・保護に関するインターネット調査を実施しました。調査の結果から、企業内で無秩序に増加する管理されていない雑多なファイルや文書、データ(デジタルクラッター)と、その背後にある人間の習慣に関連性が浮かび上がってきました。~ 自宅冷蔵庫の片づけができている人は、業務で使うデ

2019年5月10日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:プライバシーに関するグローバル意識調査-1>半数以上がオンライン上での完全なプライバシー確保が不可能と回答

<Kaspersky Labレポート:プライバシーに関するグローバル意識調査-1>半数以上がオンライン上での完全なプライバシー確保が不可能と回答Kaspersky Labは、日本を含む世界21か国11,887人を対象にインターネット調査を実施し、個人のオンライン上のプライバシーに関する意識について分析しました。その結果、56%がオンライン上での完全なプライバシー確保は不可能であると考えていることが明らかになりました。[本リリースは、2019年3月27日と4月15日にKaspersky Labが発

2018年9月20日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:グローバル意識調査-1>インターネットへの依存度とオフラインが原因のトラブルを分析

<Kaspersky Labレポート:グローバル意識調査-1>インターネットへの依存度とオフラインが原因のトラブルを分析 ~4人に1人は、スマホなどのインターネット接続機器なしで外出するよりも、公共の場で服を着ない方がましと回答~ [本リリースは、2018年8月23日と9月4日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labは、日本を含む世界15か国11,250人を対象にインターネット調査※を実施し、インターネットへの依存度とオフライン状態

2018年1月24日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2017年のサイバー脅威

<Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2017年のサイバー脅威>新規の悪意あるファイルの検知数は、1日あたり36万件2017年はランサムウェアの標的となる企業や組織の割合が2017年は26.2%になりました。企業ネットワークを標的としたWannaCryやExPetr、BadRabbitのような攻撃により、ランサムウェアの脅威状況が一変したと考えており、ランサムウェアの脅威を昨年に引き続き最重要トピックに位置づけました。[本リリースは、2017年12月14日に

2017年11月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年度 企業の情報セキュリティリスク調査

<2017年度 企業の情報セキュリティリスク調査>企業は情報セキュリティを戦略的な投資と見なすようになりつつあり、IT予算に占める情報セキュリティ費用の割合が増加調査の結果から、情報セキュリティは戦略的な投資と見なされつつある事がわかりました。また、最も損失が大きいサイバーセキュリティ侵害は、サードパーティのサイバーセキュリティの失策から生じたものであることも明らかになりました。このことから、企業は自社の保護に投資するだけでなく、ビジネスパートナーのセキュリティ管理体制に注意を払う必要があります

2017年9月19日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月

<Kasperskyサイバー脅威レポート:2017年4月~6月>ソフトウェアの脆弱性を悪用するエクスプロイトの公開に起因する攻撃は500万回以上に 多数のエクスプロイトがWeb上に公開されたことからソフトウェアの脆弱性が大量に悪用され、サイバー脅威の状況に大きな変化が生じました。Kaspersky Labの観測では、1日あたりの平均攻撃回数は継続的に増加しており、第2四半期中の全攻撃のうち82%は最後の30日間に検知したものでした。[本リリースは、2017年8月15日にKaspersky Lab

2017年2月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2

<2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2> セキュリティインシデントにおける日本企業の懸念は、従業員の不注意と知識不足。実際に情報セキュリティの問題を引き起こす原因でも2番目にKaspersky LabとB2B International社が世界25か国の企業に勤務する4,000人を対象に、情報セキュリティリスクに関する調査を実施しました。日本では従業員の不注意な行動が深刻なセキュリティリスクと成り得ることがわかりました。また、データの保護が企業にとって課題であることも浮き彫りになり

2017年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-3>ソーシャルメディアの利用が親子関係にも影響、21%の親が子供に気まずい投稿を見られて関係が悪化と回答

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-3>ソーシャルメディアの利用が親子関係にも影響、21%の親が子供に気まずい投稿を見られて関係が悪化と回答Kaspersky Labが世界規模で実施したソーシャルメディアに関する調査では、ソーシャルメディアを利用することでコミュニケーション頻度が増加し、55%の親は子供との関係が良好になったと感じています。一方で、33%の親は子供と面と向かって話す機会が減ったとも回答し、子どもに気まずい投稿を見られて関係が悪化した親は21

2017年1月28日カスペルスキー★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2>10人に1人が「いいね」を獲得するために事実を誇張Kaspersky Labが世界規模で実施したソーシャルメディアに関する調査では、男性の方が「いいね」の数に敏感で、「いいね」欲しさに他人の秘密を投稿する可能性が女性に比べて2倍以上という結果が出ています。また、自分の「いいね中毒」を測るテストも紹介しています。~「いいね」欲しさに他人の秘密を投稿すると回答した男性は女性の2倍以上~[本リリースは、2017年1月12日

2016年8月18日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

6年で100件を超える世界中の標的型攻撃に関するインテリジェンスレポートを提供

Kaspersky Lab、6年で100件を超える世界中の標的型攻撃に関するインテリジェンスレポートを提供Kaspersky Labのグローバル調査分析チームは、85カ国の民間企業や政府機関を標的としたAPT攻撃を追跡・調査しています。その結果をAPTインテリジェンスレポートとして、サービス提供しています。[本資料は、2016年7月26日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]~ 85カ国における民間企業や政府機関を標的とした攻撃を追跡・調査 ~Kaspersky

2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上にKaspersky Labが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的となった企業は少なくとも世界55か国4,400社以上でした。詐欺活動も多く見られ、損失額は合計数百万ドルに達しました。[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総

2015年1月15日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーのレポートです。

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加2014年はユーザーのコンピューターやモバイルデバイスに対する悪意のある攻撃が大幅に増加しただけでなく、金融関連のマルウェアがさらに進化しました。[本リリースは、2014年12月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1が、2014年のサイバー脅威の状況を総括した結果

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ